サンク レッド 声優。 『ディシディアFFOO』に『FF XIV』のサンクレッド(声優:中村悠一)が参戦

ひろゆき氏も絶賛の天体戦士サンレッド!声優は?アニメ配信情報も!

ただこの時はあくまでも知識を得ただけで直後から使い手になっているわけではなく、原初世界ではあくまでも双剣士として活動を続けていました。 レッドは「サキューンジャンプ(高高度跳躍)」、「サキューンジャベリン(槍のような武器による刺突)」などの技を使用していたが、サキューン本人がこれらの技を使用するのかは不明。 ……俺は、偵察に行ってくる。 また、ヘルウルフ以外の3名はフロシャイムの中でも古参で、多くの怪人は彼らに敬語を使い、「兄さん」「先輩」等と呼ぶ。 また、釣りに出掛けたものの1匹も釣れず不機嫌になっていたアントキラーに対して率直に「釣れたの? (ファング・ザン・ビシアス )• (2016年 - 2017年、水度坂勘久郎 )• 本部より怪人デルズが送られた時に居着いたため、当初はデルズと思われていた。

Next

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

合コン好きで、人数合わせのため後輩を集めたりする。 必殺武器であるデーモンクローは、通常のナイフ型の他に爪型、孫の手型等がある他、左目の電子義眼からは破壊光線が出る。 また、食後での乗車にも弱い。 右腕に鉄をチーズのように切り裂くハサミを持ち、外殻はミサイルを防ぐ程の硬度を誇る。 (ミスター・ブシドー)• 』BQラジオ 第1巻• その後、かよ子の母親を迎えに行くためレッドと行動を共にするが、かよ子から予定の立ち消えの連絡が来たことによりヤケクソ気味に喜んだレッドに半ば強引に酒場へ飲みに付き合わされる。

Next

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

ストーリーを見るとどうやらアラグ帝国もそうだったらしい。 ウサコッツ、デビルねこ、Pちゃん・改の3名を指し、後にヘルウルフが加入する。 体色は原作では水色、アニメでは黄色がかった白。 ヴァンプをお得意様としてしばしば川崎支部に訪れる。 「クーラーと同じでたまに発動しないと壊れる」との理由で河川敷でサンレッドが変身していたところを、買い物帰りのヴァンプに偶然目撃される。 天体戦士サンレッドは、まさにこれの逆だと思います。 ダイダロス: ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ( 神宮寺三郎 )• (アーツァイ〈相原重雄〉〈タン・ツォンシェン〉)• 埼玉支部配属の2号は、ゾーネ将軍の無理難題に手を焼いており、千葉県の悪の組織ベロスの戦闘員の先輩でもある。

Next

【FFBE幻影戦争】サンクレッドの入手方法と評価|無課金でも取れる?|ゲームエイト

静岡出張所の退所後、事業家として会社を立ち上げた。 ただし、ありきのキャラなので、入手できていない場合はダリオの方が強力です。 。 (2006年 - 2009年、ヒビキ・タクマ(オペレーターA)、海賊) - 3作品• デビルアイ軍団 デビルアイを筆頭とする軍団で、フロシャイム以外に世界征服を狙う悪の組織として初めて登場した。 アルカナ・ファミリア capitolo 2 〜ビバ! 原初世界に戻った後も使い続けて欲しいなと思う気持ちもある一方で、設定的にもメタい要素的にも立ち位置に困るのがサンクレッドなんですよね。 1・2• が、「まんまナリキリ」 になってしまい…恥ずかしいので全然着てません… 脚部分 メインシナリオで手に入る脚装備(男用)と少し似ています。 普段は多摩川に潜んでいる。

Next

【FF14】やっぱりゲストはサンクレッドの声優中村悠一だった!【直樹の部屋】

(2010年、 不知火一樹)• (吉川)• (アーヴィン )• 年齢は27歳だが、誕生日は本人もわからないらしく不明。 (ガルザの声)• そのため、逆に子供から苛められることが多い。 一部のプレイヤーの間では「ナッツイーターさん」などとも書かれている。 機動戦隊アイアンサーガ( ベカス )• アゲハンドラー(水道管アゲハ) の怪人。 サンクレッド : その直後……一度だけ、ふたりで訪ねたんだ。 メダリオ、カーメンマンと共に川崎支部の中では古参らしい。 携帯電話の着信音はではなく、内蔵音源である。

Next

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

」と罵声を浴びせられた。 ( 無垢〈 サトリ〉 ) 2012年• 「 」 これは魔大陸のことを指しているのではないかと、さすれば「」はそのエネルギー源である可能性が高い。 レッドがヴァンプを叱っている最中に立ち上がり、再び奇襲を仕掛けるが再度倒された。 サンクレッドには、リーンに対しての親心が(のことも複雑に絡むために)素直に出せないということだろうと思われる。 これまでも様々な形を実現してきたFF14開発陣だけに世界観的にもシステム的にも今後が気になる所です。

Next