伊勢 志摩 スカイ ダイビング。 体験スカイダイビングのお申し込み|伊勢志摩スカイダイビングクラブ

三重県伊勢志摩のダイビング ダイブステーション35

気温は高く暑いし 水温が高くなってきたので 来週からウエットスーツに着替えようかな。 星野源さんと三浦大知さんとアリストダイバーズ大矢がドラムでコラボ! お魚もおうちの中で頑張っています。 新しいダイビングボートが出来上がりました。 外は少し冷たい空気。 先日紹介させて頂いた新しく作った ダイビングボート(右上)と 現在使っている当店のボート4隻が 全て船体のカラーが精悍なブラックで揃ってきました。 5月中にダイビングが再開できれば見れるかも。

Next

体験スカイダイビングのお申し込み|伊勢志摩スカイダイビングクラブ

(京都府 Y岡様撮影) 人気のウミウシ、キイロウミコチョウ!今年も間崎島に出始めました。 ニホンアワサンゴ、 ムスメウシノシタ、 コイボウミウシ、 ユビノウハナガサウミウシ、 アオパンダ、 アカシマシラヒゲエビ、 テントウウミウシ、 ミヤコウミウシ、 トラウツボ、 キンメモドキ群れ、 シマキンチャクフグ、 コロダイ、 アヤニシキにドロノミ、 カゴカキダイ群れ、 カサゴ、 ネンブツダイ群れ など見られました。 (例4月30日までの割引券であれば 次回ご来店頂く日まで有効期限延長適応。 アオリイカ卵、 チャガラ、 ケヤリムシ、 ガンガゼカクレエビ、 イソウミウシSP、 ヒメキヌハダウミウシ、 クロコソデウミウシ幼体、 シラヒメウミウシ、 コノハミドリガイ、 ミギマキ など見られました。 ヘリコプターに乗り込み、離陸!ぐんぐんと高度が上がっていきます。 ドトラケモサ、 クリアクリーナーシュリンプがクロアナゴをクリーニング中、 コイボウミウシ幼体、 アカシマシラヒゲエビ、 キンギョハナダイ群れ、 シロウミウシ、 サラサウミウシ、 アヤニシキ、 アオパンダ、 ツマグロハタンポ、 キンメモドキ群れ、 オオモンハタ など見られました。

Next

伊勢志摩スカイダイビングクラブ

ウスマメホネナシキサンゴ、 ウララカミノウミウシ、 ニシキウミウシ、 ミツイラメリウミウシ、 サラサウミウシ、 アオウミウシ、 アオパンダ、 キンギョハナダイ群れ、 ツマグロハタンポ、 コロダイ など見られました。 海岸が近づき、着地はRhysにお任せ。 上記画像からYou Tube動画にリンクしていますので 興味のある方はご覧ください。 2020-04-14 火曜 今日はアリストダイバーズ南勢相賀浦店の海の状況や 強風で施設が飛ばされていないか見に行ってきました。 OTONAICHI• もう20日以上休んでいるのです。 日本ではスカイダイビングができるところは5箇所あるそうで、その中でも伊勢志摩スカイダイビングの魅力は何といっても 眼前に広がる ocean view! 2020-05-02 土曜 三重県 志摩市 間崎島で見られるハナイロウミウシです。 そろそろ潜りたくなってきたけど 明日からまた天候が悪くなり 海が荒れそうな予報で残念。

Next

三重県伊勢志摩のダイビング ダイブステーション35

(愛知県 M田様撮影) 綺麗なウミウシ、ミチヨミノウミウシ幼体。 5月23日午後の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 (愛知県 M手洗様撮影) 冬の間中潜っていなかったのでソフトコーラルが生き生きと壁全面に育っていました。 6月5日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 ミニケヤリ、 アオリイカ卵、 キイロウミコチョウ、 クロフチウミコチョウ、 ヒラミルミドリガイ、 ハコフグ幼魚、 アオウミウシ、 ハオコゼ、 キヌカジカ、 ムラサキミノウミウシ、 シロイバラウミウシ、 シラヒメウミウシ など見られました。 (奈良県 M田様撮影) 伊勢志摩も気温が30度で暑い日でした。 このボートを南勢と間崎島と両方で使うことを 想定してどちらにでも使いやすいように形状を変えています。

Next

空から眺める伊勢志摩 スカイダイビングは最高すぎた

ダイビングポイントから帰る頃には晴れ間も出てきました。 (愛知県 T内様撮影) 今日の間崎島は思ったより風が弱く晴れ間もありました。 ハーネス着用をしっかり確認。 ヘリから飛び降りフリーホールの時間が約 30秒間で時速は何と 250km!パラシュートを開いてから 3分から 4分くらいで海岸に戻ってくるそうです。 一生忘れられない思い出になることでしょう。 南三重のアウトドアスポーツライフ」 私たちは吉本興業所属の三重に住みます芸人のカツラギです。

Next

空から眺める伊勢志摩 スカイダイビングは最高すぎた

(愛知県 M井様撮影) 南勢のダイビングポイント、レインボーアーチはソフトコーラルが すごく大きくなっていてカラフルです。 (^^;) 水温が高いので今日から僕もウエットスーツで 潜りました。 昨年GWに撮影しました。 賢島から行く間崎島はこの時期から水温も上がってきて 沢山のウミウシをじっくり撮影頂ける季節なのですが。 透明度も良く海底まで見えていました。 午後からはファンダイブも開催しました。 もうすぐパラシュートが開きますよ」とスタッフの方。

Next