アシックス エボ ライド。 アシックスのエボライド買ってみた

アシックス グライドライド 1stインプレッション

しかしエボライドは10,000円。 しかし、 エボライドの反発はソール由来のナチュラルなものである。 5を目指すランナーのレース用シューズ ・サブスリーランナーのジョグ用シューズ これらのシューズを探している人にとって、エボライドは最高の一品といえる。 」とはいえ、グライドライドのほうがしっくりきました。 例えば1万円のショッピングで最大250円の還元。

Next

【アシックス】エボライドのレビュー|アシックスの最新テクノロジーの紹介

インサート(足首)部分。 メタライドのソール「フライトフォーム」 メタライドと外観は違えど、ソールの厚さは似たものでした。 そのため本来ならば柔らかいはずなのだが、ミッドソールに挟まれているEVAやアウトソールのコンチネンタルラバーが硬いため、それらが相殺し合ってカチッとした着地感となっている。 ライトレーサーは薄底のため、遅いペースで走ると疲れてしまう。 アキレス腱に負荷を 掛けないように、膝から下は意識的に力を入れないようにした。 これが優れた走行効率性を発揮できる最大の理由です。

Next

アシックス エボライドのレビューとグライドライドとの比較

あくまでエボライドを履いて感じたことをそのまま書きました。 グライドライドより約40グラム軽くなりました。 このホワイトゴールドのスタイリッシュなデザイン。 アッパー(甲被)は、軽量でやわらかいメッシュを使用し、部位ごとに織りのパターンを変えることで優れたフィット感とサポート感が得られるようにしています。 5㎝なので250g弱だ。 見た瞬間に 「デザインかっこいい!」と思いました。

Next

アシックスも本気モード「Evoride(エボライド)」

これは、慣れ次第。 これまでメタライドを履いていただけあって、その使用感を比べていければと思います。 このシューズで坂練習すれば、やがては他のシューズでも同様な走法ができるようになるのではないか?と私は考えた。 昔、買ったはいいけどあまり合わなくて、ちょっとしか履かなかったシューズも実際にあったので。 エボライドはこんな人にオススメ 私が個人的にエボライドをオススメしたい人を以下に書いていく。 もちろん、エボライドもそのコンセプトから作られているため、長く走り続けられるランニングシューズに仕上がっています。

Next

アシックスも本気モード「Evoride(エボライド)」

踵部の エーハープラスは、接地時に踵部が摩耗しないクッションとして、それぞれ効果があるようです。 このためシューズが重たくなるのですが、サブ4を狙うランナーならすでに足ができているので、そのサポートを取り除いているというわけです。 ライトレーサーTS 反発力 反発力はライトレーサーに分がある。 速く走りたいならライトレーサー• 着地時から蹴り出しまで安定した走りを実現させるために設計された構造。 外観レビュー 今回はホワイトカラーを購入しました。

Next

アシックス EVORIDE(エボライド)2月7日発売。走行効率を高めたランニングシューズのシリーズから、軽量タイプの注目プロダクト。 Alpen Group Magazine

とはいえ、 エボライドでも十分サブスリーできると思う。 RUNをもっと長く、もっとラクに。 3つのシリーズは、値段もかなり異なります。 下りの走りが苦手な人も、このシューズで走れば下りが得意になるかもしれない。 ライトレーサーよりエボライドの方がミッドソールが5㎜以上分厚い。

Next