緊急 自然 災害 防止 対策 事業 債。 9 その他の事業 : 防災情報のページ

施設園芸の台風、大雪被害防止と早期復旧対策:農林水産省

ただしこの措置は、減税対象期間を10年から3年間延長し、その延長した期間において最大、建物購入価格の消費税2%分を減税するものであるため、当分は地方の減収が発生しない。 *3) 地方交付税交付金と地方特例交付金等を合わせたもの。 ただし具体的な対象となる資金の使い道は異なっており、防災対策事業債では防災拠点施設、消防水利施設、初期消火資機材の整備等が対象になります。 したがって、社会保障関係の補助事業に係る経費は国が決定する制度に伴って発生するものではあるが、社会保障費の抑制のためには、地方が国とともに主体的に取り組むことが今後増々重要になると考えられる。 平成31年度の地方の一般行政経費には、この幼児教育・保育の無償化等に係る事業費(4,839億円(皆増))や、社会保障・税一体改革の中で従前から予定されていた社会保障の充実に伴う事業費(2兆1,930億円(対前年度+3,271億円))、高齢化等に伴う社会保障関係費の増加などが反映されており、補助事業として21兆4,845億円(対前年度+1兆2,489億円)、地方単独事業として14兆1,804億円(対前年度+1,190億円)が計上されている。

Next

国土強靱化に別枠財源を/地方創生など国に提言/全国知事会

などにより、人命を守る防災・減災に取り組むほか、• 今回はそんな緊急防災・減災事業債や防災対策事業債について、緊急防災・減災事業債とは何か、防災対策事業債とは何か、などについて書いて行こうと思います。 地方創生のための「まち・ひと・しごと創生事業費」については、引き続き1兆円が計上されている。 ・関西国際空港を含む6空港での浸水対策• その結果、 ・ 地方の一般財源総額を前年度と実質的に同水準(水準超経費を除き+0. 主計局主計官 前田 努 1.はじめに 一般会計歳出に計上される地方交付税交付金は、地方交付税法において、国税収入額の一定割合(平成31年度は所得税及び法人税の収入額の33. 「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」に係る経費の地方負担分や、地方単独事業である「緊急自然災害防止対策事業費」については全額地方債で賄うこととしており、これらを反映したものである。 *2) 不交付団体の基準財政収入が基準財政需要を超過する額の見込み。 4.平成31年度地方財政対策 (東日本大震災分)について 東日本大震災の復旧・復興に当たっては、平成28年度からの復興・創生期間においても、復旧・復興事業及び全国防災事業について、それぞれ別枠で整理し、所要の事業費及び財源を確保することとされている。 貸付対象は、旧公営企業金融公庫においては合計21事業及び公社貸付となっておりましたが、平成20 年10月の地方公営企業等金融機構の業務開始時に、合計18 事業への絞り込み(公社貸付は廃止)が行われました。 この財政健全化目標の実現に向けて、「地方の歳出水準については、国の一般歳出の取組と基調を合わせつつ、交付団体をはじめ地方の安定的な財政運営に必要となる一般財源の総額について、2018年度地方財政計画の水準を下回らないよう実質的に同水準を確保する」とし、「地方一般財源総額実質同水準ルール」を引き続き今後3年間維持することとした。

Next

国土強靱化に別枠財源を/地方創生など国に提言/全国知事会

(1)復旧・復興事業費 平成31年度地方財政対策においては、(1)直轄・補助事業の地方負担分(公営企業債等により賄うこととされている地方負担額を除く)として3,197億円、(2)地方単独事業分(単独災害復旧事業及び中長期職員派遣等)として497億円、(3)地方税の特例減税措置等に伴う減収分への対応として356億円、合計4,049億円を計上した上で、その財源として、過去の繰入分のうち交付税特会からの支出見込みがなくなった799億円(年度調整分)を除く3,250億円を震災復興特別交付税として計上し、東日本大震災からの復旧・復興への対応に万全を期すこととしている。 〇昨年の災害により、多くの尊い人命が失われ、また、 ・関西国際空港の浸水、 ・上水道の長期断水、 ・ブラックアウト、 ・幹線鉄道の長期運行休止、 ・携帯電話基地局の停波 等、 重要インフラの機能に支障を来すなど、我が国の経済や人々の生活に多大な影響が発生しました。 これは過去最高の水準である。 などを進め、災害時時もライフラインを維持できるように強靱化します。 (平成22年度決算額 3,695百万円の内数).。

Next

特集:平成31年度地方財政対策について : 財務省

この間、景気動向や消費税率の引上げにより地方税収等の増加が続き、地方財政計画における歳出歳入ギャップが縮小してきた結果、地方交付税交付金等*3及び臨時財政対策債の新規発行が減少してきているところである。 早期復旧に向けたヒント (ア) (イ) (ウ) (エ) 3. なお、この震災復興特別交付税の財源は、全額、東日本大震災復興特別会計から交付税特会に繰り入れられることとされている(返還金4億円を除く)。 特筆すべきは、地方税収や上記の地方交付税法定率分の増加などを踏まえ、国と地方が折半して補填してきた財源不足を解消したことである。 その内訳は、従前からの住宅ローン減税による個人住民税の減収を補填するための交付金1,742億円に加え、幼児教育・保育の無償化に係る初年度の経費全額を国負担とするための交付金2,349億円、自動車課税の臨時的な軽減による減収を補填するための交付金249億円である。 相次ぐ大規模災害からの速やかな復旧・復興に向けては、新たな補助制度の創設、補助率のかさ上げ、地方負担分への十分な財政措置などを求める。 そのためにも、緊急防災・減災事業債や防災対策事業債などを有効に活用することが必要になってきます。

Next

貸付対象事業

防災対策はお金のかかるものであり、特に予算のない地方自治体にとってはいかに自分たちの負担を少なく防災対策を行うのかが重要になってきます。 地方団体に実際に交付される地方交付税は、上記の一般会計に計上される金額(入口ベース)に、交付税及び譲与税配付金特別会計(以下「交付税特会」という。 *15) 東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法。 *10) ただし平成20年度は、補正予算において国税の収入見込額の減額が行われ、これに伴う地方交付税交付金の減額分を一般会計において補填したことに留意(当該補填分のうち地方が負担すべき分については、後年度の地方財政対策の中で精算)。 全国知事会は4日、全国知事会議を開き、地方税財政や地方創生、防災などに関する国への提言をまとめた。

Next

国土強靱化に別枠財源を/地方創生など国に提言/全国知事会

国と地方の協議の結果、平成31年度は消費税率引上げに伴う地方の増収が僅かであることから、新たに「子ども・子育て支援臨時交付金」(仮称)を創設し、平成31年度に限って、幼児教育・保育の無償化に係る地方負担分を国費で補填することとなった。 *12) 平成29年度決算と平成30年度の国税収入の補正に伴う地方交付税法定率分の増+5,311億円から、災害対応のための平成30年度の特別交付税の増額分700億円等を除いたもの。 国土交通省 (平成22年度決算額 1,172百万円の内数) 農林水産省 (平成22年度決算額 6百万円) (6)災害対策等緊急事業推進費 国土交通省においては,平成22年度及び平成21年度に発生した自然災害により被災した地域等において緊急に再度災害防止対策等の事業29件を実施した。 4兆円の60. 災害に強い国土づくりに向けたインフラ整備も積極的に進める必要があると訴え、特に高速道路など防災・減災に貢献するインフラを長期的に整備・維持できるように、新たな財源創設の検討を働き掛ける。 平成31年度においては、地方法人税の見込額6,876億円(対前年度+343億円)、地方公共団体金融機構の公庫債権金利変動準備金(以下「機構準備金」という。 仮に同様の不用が発生した場合は、平成32年度以降の地方交付税の財源として活用されることとなる。

Next

貸付対象事業

これに伴う地方の減収については地方特例交付金により国が全額補填することとなっている*7。 そのためには、地方財政計画に計上された事業の実績や効果について検証し、真に必要な水準の財源保障としていくことが不可欠であり、このためにも、地方財政計画と決算の対応関係や基金の増減*17理由等の「見える化」を進め、PDCAサイクルを機能させていかなければならない。 8%)と規定されている*1。 この結果、同経費は6兆1,076億円(対前年度+3,000億円)となっている。 (3)地方交付税交付金・地方一般財源総額 以上の地方歳出・歳入の見通しを踏まえた地方交付税交付金については、まず、国の税収見込みの増加に伴い、国税の一定割合に当たる分(法定率分)が対前年度+6,294億円の15兆5,232億円となっている。

Next

貸付対象事業

・55万kWの分散型電源等の導入• (2)全国防災事業 全国防災事業(全国的に直轄・補助事業として行われる緊急防災・減災事業)の地方負担分は、個人住民税の均等割の標準税率の10年間の引上げといった地方税における時限的な税制措置などの地方負担で賄うこととしており、この事業費と財源については通常収支分と別に整理されている*16。 その財源については、改正された復興財源確保法*15において、必要な措置が講じられた。 *5) 「平成31年度の経済見通しと経済財政運営の基本的態度」(平成31年1月28日閣議決定)。 ・1,000か所のため池の改修、整備• (平成22年度決算額 1,034百万円) (5)特殊地下壕対策事業 国土交通省及び農林水産省においては,戦時中に築造された防空壕等の特殊地下壕について,現存する危険度が高いものに対して,埋戻し等の対策事業を行った。 これらの災害による被害を少しでも小さく抑えて、災害に強い街を作るためにはそれだけお金がかかってしまいます。

Next