サーファー takashi。 サーファーTAKASHI【ネット依存性を救う会・N国から国民を護る会】@ツベ板

河野孝志 サーファーTAKASHI|YouTubeランキング

N国党の所属議員が暴行を受けたニュースはほとんど報じられていない N国党をダシに愉快犯が面白がっている一方で、 N国党の大橋議員に対して暴行をはたらいた暴漢が逮捕されたニュースはほとんど報じられていません。 僕は全然気づいてないんですけど、本人はそう言ってます。 サーファーTAKASHIくんはですね、5年ほど前から僕のことが好きで応援してくれてたと。 今回のサーファーtakashiの愚行によって、 N国党に対する愉快犯との距離を置くことの重要性が理解できたでしょう。 何度もいいますが僕は彼とはあったこともないし電話もしたことない。

Next

サーファーTAKASHI【ネット依存性を救う会・N国から国民を護る会】@ツベ板

狙ってるのか?本気なのか?よくわかりませんが、おそらく伝えたいメッセージ自体は本物なのでしょう。 今40代以上の引き籠りが大きな問題となっています。 ですが、 すくなくともニュースや報道に「本当かな?」という疑いの目を向けて前後の文脈を読む習慣を付けるだけでも自分へ降りかかる火の粉は払えることができるでしょう。 twitterでも触れてないみたいですね。 4月の25日にサイン入りの本をいただいてから、僕は彼に何の連絡もしてなかったので、 彼が単純に一方的に僕に嫌われたのか相手にされなかったのか、でね怒り出したのだと思います。 この3人に関してはある意味、基本無視してたんですけども、参議院選挙で当選してうちが公党になったために、N国の悪口を言うことによってお金を儲けようとしているとか、あるいは目立とうとしているというのが顕著だと思います。 もしこれがなければ、後のチョコチョコさんのリスナーさんの騒動は、「N国界隈文化の出来事」とは誰にも認識されず、「個人間の争い」で終わったでしょう。

Next

サーファーtakashiが飲酒運転で泥酔して事故?N国党を攻撃していた人間の末路とは|NHKから国民を守る党は今後の日本を変えるのか.com

悪徳ユーチューバーをぶっこわーすとか言って。 サーファーのこと、サーファーに関することのツイートならOK その人物に粘着しサーファーに関係ないツイートならスレチ。 com fd8589006. 2019. 情報に流されるのは危険です。 まとめ 最近ではLINEスタンプ、グッズ、 そしてなんと HIKAKINさんと同じ UUUM所属!! 一緒に出ている動画も チャンネルトップから確認できます! 当時のスカルプD動画を 上げていた時から見ると 本人にとってものすごい 嬉しかっただろうなぁーって こっちまで伝わってきてしまいますねw 今後もタカシさんの活動により一層 期待したいと思います!!. 見せたことなかったと思うんですけど、えらいてんちょう、サーファーTAKASHI、みずにゃんというですね。 この記事の目次• キナクサーズとはもう絡みません! 元国会議員ユーチューバーがNHKをぶっこわーす! とううことで令和元年の11月28日15:33でございます。 ちょっとさすがに人の悪口を言ってお金を設けている人というのはこのまま放置していいとは思っていません。

Next

キナクサーズの【えらてん】【サーファーTAKASHI】【みずにゃん】り相手は金輪際しません。

「マツコデラックスをぶっ壊す」は違うのかな? え?もしかして私たちは壮大なプロレスを見せられてるのかな…。 ですが、 飲酒運転による事故を引き起こした可能性がかなり高い音声がネットに拡散された時点で、サーファーtakashiに正義や大義名分はなくなりました。 そこから推察すると・・・ 今、サーファーTAKASHIさんはN国党を批判しているのですが、それはもしかしたら、「愛情ゆえの叱咤激励」なのではないか、と私には思えてきます。 周囲や近所に、 サーファーtakashiのような人物がいて、他人を散々無計画に批判し、酒を飲んで気分が大きくなり、車を運転するような人間がいると想像したらどうでしょうか? 自分自身で完結する情報発信は自由に行うのがいいでしょう。 つまり、当時、N国党の支持者は「熱烈すぎる」ということで多くの人に批判されていました。

Next

河野孝志 サーファーTAKASHI|YouTubeランキング

立花さん自身がいろいろなところに電凸するのをリスナーさんが見る構図ですね。 あまりにもひどいなと思うところがあるので、3人から被害を受けたという方は電話受付ませんがメールのほうでこういう被害を受けました、裁判できませんでしょうか、と。 立花孝志代表と俺 — サーファーTAKASHI WaveTakashi 動画を見た限りではNHKについて熱く談義するというよりは サーファーたかしが議員会館に入ったことで テンションが舞い上がっていたというイメージが強い気がしました。 ですが、 表現の自由、批判の自由を理解しその権利を行使するとともに、改めて肝に命じておかなければならないこともあります。 サーファーたかしについて詳しく知りたい!• : 【 令和元年(2019年)十零月四日 】 【 伸山ジャギオ 】. サーファーたかしさんのチャンネルで探してみたのですが、 すでに削除されているようですね。 ですが、 N国党に対する被害に関するニュースは大手メディアは報道しない。

Next

サーファーTAKASHIがキャス配信中に飲酒運転で事故!?爆睡で介助者に喚く?

そしてもうひとつ、初期配信者では、ボイストレーナーゆうじろうさんも印象深いです。 それに続いて天野のメモや、「今日も語るで」さん、そして「いつか笑って過ごせる日まで」さんが配信をはじめました。 「動画で言っていた大橋は大橋議員のことじゃない」• あのNHKもインターネット同時配信を開始しますし、YouTubeを運営するとGoogle社の目的は第五のメディア媒体として展開することにあるのではないかと思います。 ここまで来ると、もはや「N国党」は全く関係ありません。 この情報を信じてネットで人を攻撃したり誹謗中傷するということも起きています。 それが具体的に誰なのかは想像におまかせしますが、 少なくとも情報の取捨選択ができるメディア側に近しい人であることは想像に難くありません。 その胸中を語った。

Next

キナクサーズの【えらてん】【サーファーTAKASHI】【みずにゃん】り相手は金輪際しません。

こういうことをN国党支持者(リスナー)たちに言ったのです。 それは、 戦略なき炎上狙いの愉快犯になるのは勝手だが他人に迷惑をかけてはいけないということです。 と僕は見ています。 その基礎が、この「柴田さんとカリスマさんのアンサー動画」にあったと私は思うのです。 ソースは画像の ツイキャス配信の発言ですね! 名前からわかる通り ワンピースが本当に 大好きなんですねw たかし(TAKASHI)の彼女は!? さて、気になる 彼女ですが… 調べてみたところ と、今年の 2016年 10月29日現在 「彼女いません!!!!」 Twitterで豪語していました、 が 12月2日、 ゲーム8で行われた 「 もえりん」さんとのコラボ動画にて と、周りから冷やかされるぐらい イチャついていたらしく まるでその様は 「 お似合いのカップル」 と言われる程だったようですw ちなみに、 もえりんさんは まんざらでもない模様 これはまさか・・・ 想像が膨らみますね・・・!w ここから更に更に 詳しく調べていると… 驚愕の事実が発覚! 実はハモネプにも出場していた!? 自身のプロフィールを見てみると 実はなんと・・・ あの有名な「 ハモネプ」 にも 出場経験があるとの事です! 早稲田大学卒 ポンコツ 芸人目指してた ツッコミ 教員免許 シンガーソングライター フジテレビ系列「ハモネプ」最終予選進出 早稲田祭2013 テーマソング担当 スカルプD WEB動画コンテスト【優秀賞 演出部門 】受賞 詳しく調査したところ 当時は「 ABC」という グループで活動、 ボイスパーカッションを担当していた みたいですね! ソースは所属が 早稲田大学 そして名前が「 たかし」 これはもう ほぼほぼ確定 だと思います。

Next

サーファーtakashi (たかし)の本名と年齢と経歴は?N国党大橋昌信議員への◯害予告動画がヤバイ!?

今後彼らについての発信はいたしません。 最近はN国党の話題ばかり上げられてますが、 本来はサーファーの名前の通りサーフィンに関する動画を… と思いきや、実際は龍が如くやワンピースなどのゲーム実況がメインになってるようです。 カモフラチャンネルさんがサーファーTAKASHIさんにメッセージを送っていました。 彼と共にネット依存症を救う会を立ち上げてバーチャルな世界からリアルな世界に導いて引き籠りでネットに依存してる人を顕在化から健全化にしていきたいとリアルな現実世界の楽しさを伝え、オフ会などへの参加を促していく活動をしております その媒体としてまずYouTubeというエンタメを駆使して現実世界がいかに楽しいものかということを見てもらい、 次にラジオという相互方向が可能な媒体を使って詳細を理解してもらいオフ会というリアルな場に参加することにより仲間と直接顔を合わせて会話をすることで、引き籠りを少しでも抜け出させたいと考えています。 それゆえ、サーファーたかしが何がしたいのか困惑しているようです。 彼らの目的は「再生回数」であり「チャンネル登録者数」です。 汚い言葉つかって煽る奴等って本当に人として終ってるね。

Next