だから僕は音楽を辞めた 歌詞。 だから僕は音楽を辞めた

だから僕は音楽を辞めた

その両方がなければ表現できない 間。 深すぎる。 ラスサビ部分。 どうでもいいや 全部あんたのせいだ。 少ししてエルマが「(生き方に)困らないでよ」とつぶやいた 「青春なんてつまらないし。 」という歌詞からこの楽曲はスタートします。

Next

だから僕は音楽を辞めた/ヨルシカの歌詞

そして、君 エルマ の幻想を見る。 歌詞 考えたってわからないし 青空の下、君を待った 風が吹いた正午、 昼下がりを抜け出す想像 ねぇ、これからどうなるんだろうね 進め方教わらないんだよ 君の目を見た 何も言えず僕は歩いた 考えたってわからないし 青春なんてつまらないし 辞めた筈のピアノ、 机を弾く癖が抜けない ねぇ、将来何してるだろうね 音楽はしてないといいね 困らないでよ 心の中に一つ線を引いても どうしても消えなかった 今更なんだから なぁ、もう思い出すな 間違ってるんだよ わかってないよ、あんたら人間も 本当も愛も世界も苦しさも 人生もどうでもいいよ 正しいかどうか知りたいのだって 防衛本能だ 考えたんだ あんたのせいだ 考えたってわからないが、 本当に年老いたくないんだ いつか死んだらって思うだけで 胸が空っぽになるんだ 将来何してるだろうって 大人になったらわかったよ 何もしてないさ 幸せな顔した人が憎いのは どう割り切ったらいいんだ 満たされない頭の奥の 化け物みたいな劣等感 間違ってないよ なぁ、何だかんだあんたら人間だ 愛も救いも優しさも 根拠がないなんて気味が悪いよ ラブソングなんかが痛いのだって 防衛本能だ どうでもいいか あんたのせいだ 考えたってわからないし 生きてるだけでも苦しいし 音楽とか儲からないし 歌詞とか適当でもいいよ どうでもいいんだ 間違ってないだろ 間違ってないよな 間違ってるんだよ わかってるんだ あんたら人間も 本当も愛も救いも優しさも 人生もどうでもいいんだ 正しい答えが言えないのだって 防衛本能だ どうでもいいや あんたのせいだ 僕だって信念があった 今じゃ塵みたいな想いだ 何度でも君を書いた 売れることこそがどうでもよかったんだ 本当だ 本当なんだ 昔はそうだった だから僕は音楽を辞めた スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 考えたってわからないし 青空の下、君を待った 風が吹いた正午、 昼下がりを抜け出す想像 ねぇ、これからどうなるんだろうね 進め方教わらないんだよ 君の目を見た 何も言えず僕は歩いた 「これからどうなるんだろう」 とエルマを失った主人公は苦悩している。 考 かんがえたってわからないし 青空 あおぞらの 下 した、 君 きみを 待 まった 風 かぜが 吹 ふいた 正午 しょうご、 昼下 ひるさがりを 抜 ぬけ 出 だす 想像 そうぞう ねぇ、これからどうなるんだろうね 進 すすめ 方 かた 教 おそわらないんだよ 君 きみの 目 めを 見 みた 何 なにも 言 いえず 僕 ぼくは 歩 あるいた 考 かんがえたってわからないし 青春 せいしゅんなんてつまらないし 辞 やめた 筈 はずのピアノ、 机 つくえを 弾 ひく 癖 くせが 抜 ぬけない ねぇ、 将来 しょうらい 何 なにしてるだろうね 音楽 おんがくはしてないといいね 困 こまらないでよ 心 こころの 中 なかに 一 ひとつ 線 せんを 引 ひいても どうしても 消 きえなかった 今更 いまさらなんだから なぁ、もう 思 おもい 出 だすな 間違 まちがってるんだよ わかってないよ、あんたら 人間 にんげんも 本当 ほんとうも 愛 あいも 世界 せかいも 苦 くるしさも 人生 じんせいもどうでもいいよ 正 ただしいかどうか 知 しりたいのだって 防衛 ぼうえい 本能 ほんのうだ 考 かんがえたんだ あんたのせいだ 考 かんがえたってわからないが、 本当 ほんとうに 年老 としおいたくないんだ いつか 死 しんだらって 思 おもうだけで 胸 むねが 空 からっぽになるんだ 将来 しょうらい 何 なにしてるだろうって 大人 おとなになったらわかったよ 何 なにもしてないさ 幸 しあわせな 顔 かおした 人 ひとが 憎 にくいのはどう 割 わり 切 きったらいいんだ 満 みたされない 頭 あたまの 奥 おくの 化 ばけ 物 ものみたいな 劣等感 れっとうかん 間違 まちがってないよ なぁ、 何 なんだかんだあんたら 人間 にんげんだ 愛 あいも 救 すくいも 優 やさしさも 根拠 こんきょがないなんて 気味 きみが 悪 わるいよ ラブソングなんかが 痛 いたいのだって 防衛 ぼうえい 本能 ほんのうだ どうでもいいか あんたのせいだ 考 かんがえたってわからないし 生 いきてるだけでも 苦 くるしいし 音楽 おんがくとか 儲 もうからないし 歌詞 かしとか 適当 てきとうでもいいよ どうでもいいんだ 間違 まちがってないだろ 間違 まちがってないよな 間違 まちがってるんだよ わかってるんだ あんたら 人間 にんげんも 本当 ほんとうも 愛 あいも 救 すくいも 優 やさしさも 人生 じんせいもどうでもいいんだ 正 ただしい 答 こたえが 言 いえないのだって 防衛 ぼうえい 本能 ほんのうだ どうでもいいや あんたのせいだ 僕 ぼくだって 信念 しんねんがあった 今 いまじゃ 塵 ごみみたいな 想 おもいだ 何度 なんどでも 君 きみを 書 かいた 売 うれることこそがどうでもよかったんだ 本当 ほんとうだ 本当 ほんとうなんだ 昔 むかしはそうだった だから 僕 ぼくは 音楽 おんがくを 辞 やめた 考 kanga えたってわからないし etattewakaranaishi 青空 aozora の no 下 shita、 君 kimi を wo 待 ma った tta 風 kaze が ga 吹 fu いた ita 正午 syougo、 昼下 hirusa がりを gariwo 抜 nu け ke 出 da す su 想像 souzou ねぇ nee、 これからどうなるんだろうね korekaradounarundaroune 進 susu め me 方 kata 教 oso わらないんだよ waranaindayo 君 kimi の no 目 me を wo 見 mi た ta 何 nani も mo 言 i えず ezu 僕 boku は ha 歩 aru いた ita 考 kanga えたってわからないし etattewakaranaishi 青春 seisyun なんてつまらないし nantetsumaranaishi 辞 ya めた meta 筈 hazu の no ピアノ piano、 机 tsukue を wo 弾 hi く ku 癖 kuse が ga 抜 nu けない kenai ねぇ nee、 将来 syourai 何 nani してるだろうね shiterudaroune 音楽 ongaku はしてないといいね hashitenaitoiine 困 koma らないでよ ranaideyo 心 kokoro の no 中 naka に ni 一 hito つ tsu 線 sen を wo 引 hi いても itemo どうしても doushitemo 消 ki えなかった enakatta 今更 imasara なんだから nandakara なぁ naa、 もう mou 思 omo い i 出 da すな suna 間違 machiga ってるんだよ tterundayo わかってないよ wakattenaiyo、 あんたら antara 人間 ningen も mo 本当 hontou も mo 愛 ai も mo 世界 sekai も mo 苦 kuru しさも shisamo 人生 jinsei もどうでもいいよ modoudemoiiyo 正 tada しいかどうか shiikadouka 知 shi りたいのだって ritainodatte 防衛 bouei 本能 honnou だ da 考 kanga えたんだ etanda あんたのせいだ antanoseida 考 kanga えたってわからないが etattewakaranaiga、 本当 hontou に ni 年老 toshio いたくないんだ itakunainda いつか itsuka 死 shi んだらって ndaratte 思 omo うだけで udakede 胸 mune が ga 空 kara っぽになるんだ pponinarunda 将来 syourai 何 nani してるだろうって shiterudaroutte 大人 otona になったらわかったよ ninattarawakattayo 何 nani もしてないさ moshitenaisa 幸 shiawa せな sena 顔 kao した shita 人 hito が ga 憎 niku いのはどう inohadou 割 wa り ri 切 ki ったらいいんだ ttaraiinda 満 mi たされない tasarenai 頭 atama の no 奥 oku の no 化 ba け ke 物 mono みたいな mitaina 劣等感 rettoukan 間違 machiga ってないよ ttenaiyo なぁ naa、 何 nan だかんだあんたら dakandaantara 人間 ningen だ da 愛 ai も mo 救 suku いも imo 優 yasa しさも shisamo 根拠 konkyo がないなんて ganainante 気味 kimi が ga 悪 waru いよ iyo ラブソング rabusongu なんかが nankaga 痛 ita いのだって inodatte 防衛 bouei 本能 honnou だ da どうでもいいか doudemoiika あんたのせいだ antanoseida 考 kanga えたってわからないし etattewakaranaishi 生 i きてるだけでも kiterudakedemo 苦 kuru しいし shiishi 音楽 ongaku とか toka 儲 mou からないし karanaishi 歌詞 kashi とか toka 適当 tekitou でもいいよ demoiiyo どうでもいいんだ doudemoiinda 間違 machiga ってないだろ ttenaidaro 間違 machiga ってないよな ttenaiyona 間違 machiga ってるんだよ tterundayo わかってるんだ wakatterunda あんたら antara 人間 ningen も mo 本当 hontou も mo 愛 ai も mo 救 suku いも imo 優 yasa しさも shisamo 人生 jinsei もどうでもいいんだ modoudemoiinda 正 tada しい shii 答 kota えが ega 言 i えないのだって enainodatte 防衛 bouei 本能 honnou だ da どうでもいいや doudemoiiya あんたのせいだ antanoseida 僕 boku だって datte 信念 shinnen があった gaatta 今 ima じゃ ja 塵 gomi みたいな mitaina 想 omo いだ ida 何度 nando でも demo 君 kimi を wo 書 ka いた ita 売 u れることこそがどうでもよかったんだ rerukotokosogadoudemoyokattanda 本当 hontou だ da 本当 hontou なんだ nanda 昔 mukashi はそうだった hasoudatta だから dakara 僕 boku は ha 音楽 ongaku を wo 辞 ya めた meta. 考えたってわからないし 青春なんてつまらないし 辞めた筈のピアノ、机を弾く癖が抜けない ねぇ、将来何してるだろうね 音楽はしてないといいね 困らないでよ 解釈 考えたってわからない。 僕だって信念があった 今じゃ塵みたいな想いだ 何度でも君を書いた 売れることこそがどうでもよかったんだ 本当だ 本当なんだ 昔はそうだった だから僕は音楽を辞めた. 主人公は Bメロで ピアノをやめました。 しかしそんな音楽ですらできなくなった。

Next

だから僕は音楽を辞めた 歌詞「ヨルシカ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

想い出したくないのは、自暴自棄になってしまうくらい、エルマの喪失は耐え難いものであったから。 不毛なことだと分かっているのに、割り切れない。 ただ、もうやめてしまってエルマはいないのでどうしようもないと。 エルマとともに無邪気に音楽を作っていた頃とは、別の想いで音楽を作っている自分に気付いたこと。 最後の「困らないでよ」という歌詞ですが、エルマは主人公には「音楽しかない」ということに気づいているのでしょう。

Next

ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」で“僕”は音楽を2度辞めている

この歌詞が会話文になっていることによって 自分が 二人いるように感じます。 これからどうしたらいいのだろうか。 『だから僕は音楽を辞めた』というセンセーショナルなタイトルの楽曲について、辞めた理由を歌詞から解明していこう。 これからのことに想像しながら青空の下君を待った。 でももうどうでもいいや、君がいないのだから。 スポンサーリンク 3番 考えたってわからないし 生きてるだけでも苦しいし 音楽とか儲からないし 歌詞とか適当でもいいよ どうでもいいんだ 間違ってないだろ 間違ってないよな 何もかもが分からないのも 生きるだけで苦しいのも エルマがいなくなったから。

Next

だから僕は音楽を辞めた 歌詞「ヨルシカ」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

僕が正しいのか君が正しいのか考えるのだって、答えを出すのを恐れていたからなんだ。 そして各所に映される情景が「藍二乗」など別楽曲との繋がりを明確にしていく。 楽曲名「だから僕は音楽を辞めた」とは 「だから僕は音楽を辞めた」は ヨルシカの1st Full Albumと同名。 タイトルにもあるように、この歌詞の背景には音楽があるということは間違いない。 音楽をやめるのなんて間違っていたんだ。 では、主人公の満たされるものとはなんなのでしょうか。

Next

【ヨルシカ/だから僕は音楽を辞めた】の歌詞の意味を徹底解釈

「だから僕は音楽を辞めた」 感想 点と点が結ばれて、いくつもの線が浮かび上がってきましたね。 けれども推測はできる。 いつも側に音楽のある生活 透明感の中にどこか力強さのある歌声と、曲が特徴的なヨルシカ。 では、MVの解説に移ります。 しかし、将来音楽ではない何かをしなければならないけれど想像ができない。

Next

【ヨルシカ/だから僕は音楽を辞めた】歌詞の意味を徹底解釈して考察!他楽曲との繋がりに注目!

」という部分から、主人公は人生に満足していないのでしょう。 エルマを失ってもなお、ズルズルと続けてきた音楽活動だったが、昔の自分との動機の違いを悟った主人公は自分に絶望する。 そして 以下 ラストサビより、 僕だって信念があった 今じゃ塵みたいな想いだ 何度でも君を書いた 売れることこそが どうでもよかったんだ 本当だ 本当なんだ 昔はそうだった だから僕は 僕は音楽を辞めた 歌詞にもあるように、 音楽をするのは 利益のためではなく、 ただ 君 ここでは大事な人のこと のことを書いていれればよかった。 エルマに相談できない内容なのか、後ろめたい気持ちがあるのかはわかりませんが、あとあと主人公の「人生」に影響してくるように思えます。 あくまで個人的解釈ですが... この時点で、私たち聞き手には主人公が考えていることはわかりません。 この二曲は今回紹介する 「だから僕は音楽を辞めた」を深めていくうえで重要となるため、先に内容を把握しておくことをおすすめします。 幸せな顔した人が憎いのは どう割り切ったらいいんだ 満たされない頭の奥の 化け物みたいな劣等感 悲しみのどん底にいるから、 幸せそうに暮らす人々を妬んでいる。

Next

ヨルシカ「だから僕は音楽を辞めた」で“僕”は音楽を2度辞めている

音楽を否定するということは、今までのエルマとの想い出も否定することになってしまうから 「間違ってないよな」というのはエルマに問いかけている側面もある。 レッスンをご希望の方はこちら. 「君の目を見たけれど僕は何も言えず歩き出した」の部分で、主人公はエルマに相談ないしは意見を求めず自分だけで答えを出そうとしています。 僕はそれが見たいかな君は忘れてしまうだろうけど思い出だけが本当なんだそっか、道の先なら着いて行くよさらさら、さらさらさらさら、さらさら花風、揺られや一輪草言葉は何にもいらないから君立つ夏原、髪は靡くまま、泣くや雨催い夕、夕、夕夏が終わって往くんだねそうなんだねそっか、大人になったんだねはらはら、はらはら、はらり晴るる原 君が詠む歌や 一輪草他には何にもいらないから波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕夏が終わって往くんだね僕はここに残るんだねずっと向こうへ往くんだねそうなんだね. なぜなら、藍二乗で君(エルマ)が主役のプロットを書くという歌詞があり、また、この曲でも「何度でも君を書いた」という歌詞があるからです。 毎度そうですがヨルシカの楽曲は歌詞を読み解いた後に聴き返すと、胸がキュッと締め付けられます。 記事を読んで何か感じたことがあればぜひコメントください。 本当は 「どうでもよくない」と引き止めて欲しいのかも知れません。 未練がくすぶる。

Next