闇 ルシファー ソロ。 ルシHLソロ 光パの傾向と対策(2019年11月現在)|kyosin|note

【グラブル】風でのルシソロ攻略解説(ルシファーHardソロ純風)

試練9解除。 属性変換が無ければ即死だった。 堅守スキルとして優秀なスレイプニルシューですが、 「主に必要となる区間がスタートから試練突入までの間で必要」と考える為、最終的に外れてエデン3で火力増しの方編成でもいけるかも知れません。 ハルマル採用の場合は光と同じくデバフが既に4個埋まっているのでターニャの2アビかを撃てば終わりです。 サブにナルメアは入れないの? ナルメアはもともと敵対心の高いキャラだと思うんですが、ルシHLではアビで敵対心を高めるのもかなりまずいです。 一番気を付けないといけない点として、10トリガーのパラロスを受ける時はルシファーと羽のCTがずれてる状態にしてください。 対策としてはパラロス素受け後に羽にグラビでもいれときましょ。

Next

【グラブル】 ルシファーHL ソロ 闇PT (リロある)

永遠拒絶はランダムに指定された属性以外からの弱体耐性大幅アップ。 アブソーブでポースポロスを顔面受けする。 オーバーチェイン試練を解除しないと試練後は無意味なので注意。 装備 冒頭に書いた通り背水軸です。 この後デスが使用可能になった時点でデス召喚、レイを前へ。 詰めれば改善できるかも) また火力補助の為、アサシンダガー+キリングダガー・ODで主人公高火力(およそ一発170万+追撃)でゴリ押す必要もあります。

Next

ルシファーHL☆バレクラ入り闇背水編成

ルシファーで一番恐ろしい攻撃はフィークス&イヴリースなので、この攻撃を撃たせないことが討伐成功に直結する。 この時点で回避する手段はないです。 まとめ 覚えることは多いですが、各フェーズ毎のポイントを抑えていけばやれない相手ではないはずです。 なのでこれ以外は奥義とアビ2を組み合わせれば回避してくれる。 石に関しては1枚とデスは必須、あればめちゃくちゃ嬉しいのがハルマル、ルシの枠はなんでも良いかなー。 恐らく最短でもルシファーがODするまで4ターンかかると思いますので、計8個のバフが消えます。 サテュロス4凸は永続攻防UPが単純に強いこと(試練11のせいで消える)、 トーメンターの累積攻防DOWN上限を30%へ引き上げてくれることがある為、ソロコンテンツ向きの召喚石となります。

Next

闇ルシHL ソロについて

次は試練9。 ODに突入したらパラダイス・ロストを受ける。 堅守の数が少ないため、道中をゴブロ2アビとカイムによる防御アップ、バアルとマッチョのガード、マキラ1アビによりカチカチに。 5倍、リーダーフレンドで2. ) 初めは、まさかの アバ杖5本編成の闇マグナで行ってました。 このままターンを進行しODさせてパラロスをレイ3アビで受ける。 (もしくは本体10%未満の最後の押し込み時)羽を倒した後は、4000回復が出来なくなることを意味しています。 1回目 2ターン目 のCT特殊ポースポロスは白煙弾を使って回避。

Next

【ゲーム】ルシファーHLソロ 風属性 10日目【グラブル】

ターン加速の影響で吸収が2ターンしかつかない為、むしろ体力下げる可能性大。 また、水はダメアビの少なさとデバフがダメアビにくっついている関係上75抜けが意外と難しく、ダメアビを温存していないと調整のためにここで足止めを食らいます。 回復力増強のためエイルを編成 極醒闇メタトロンは回復力に倍率がかからないため、復帰力が課題となる。 それ以外のパーティだと、属性強化を活かしづらいため、闇属性の列パーティで運用するのが基本になる。 8の試練を解除することで全属性カットが復活する為、水着ノイシュ1アビが使える状況が出来、安定して進めると思います。 試練入ったらデスでゾーイからシャレムに交代。

Next

【グラブル】闇でのルシソロ攻略解説(ルシファーHardソロ純闇)

デス 4番目に配置されるシャレム・レイ・ゾーイの入れ替え用。 また、ここからは白煙弾+とシス2がめちゃくちゃ機能してきます。 弱体デバフ10個を達成するためには、 ・アンチラで3枠 ・開幕に召喚したハルマルで2枠 ・ユリウス、の累積攻防ダウンで2枠 なので3枠必要です。 5ターン目以降はリンゴバフが剥がれるまで奥義温存。 下のキリングダガー・ODと組み合わせるとなおよし キリングダガー・OD 火力用。 アンチラ ルシウスと並んでルシ特攻キャラ。

Next

ルシファーHL☆バレクラ入り闇背水編成

。 ODしたらルシファーのCTをスロウで調整しつつ、パラロスを受けていく。 課金武器ゼロ。 ルシファーのデバフも解除されます。 スロウとグラビティを駆使して9ターン目にパラダイス・ロストが発動するように調整する。

Next