アクシス z。 アクシスZとシグナスX SRの違いを比較

【ヤマハ アクシス Z 試乗インプレ】燃費良し!積載性良し!のコスパに優れた軽快スクーター

シグナスXと比べるとほんの少し遅いかな?っていう程度です。 自分で取りにいけば5,000円は安くなったのですがぼくは車も持っていないのでバスで取りに行く必要がありました。 通勤に使用するため値段は安い方が良いよね。 3kW〈9. しっかりとブレーキをかける必要があります。 ギリギリなんで、このまま走ると水筒の塗装が剥がれる事間違いなしです。

Next

ヤマハ(YAMAHA) アクシスZ

比べるとかなりの量が入ることになります。 新しいプラグに交換する。 アドレスV125Sが101kgなのでほとんど変わりません。 広大な収納スペース シート下には、37. 7 最大トルク(kgf・m) 1 0. そうすれば仕事帰りにオイル交換や不具合対応ができると思ったからです。 ぼくは職場まで6キロ程度なので往復で12キロです。 2L 5. 実用的な通勤用スクーターという基本コンセプトは、前モデルから受け継いだものだが、ヤマハが「BLUE CORE」と呼んでいた環境性能に優れたエンジンと、新しい軽量なフレームの採用などにより、優れた燃費数値を実現していた。

Next

ヤマハ アクシスZを1ヵ月以上乗っての評価|シグナスXとの比較

アクシスZ 膝あたりに来るインナーポケット?収納スペースはもう少し広くしてほしい さて、ここにペットボトルが入るかっている問題です。 アクシスZでは、N-MAXやトリシティなどで好評の「 BLUECOREエンジン」を搭載して、燃費性能が大幅に上昇しました。 アクシスZはフロントカウル埋め込み型ウインカーや、流線的なテールランプ、スポーティーなテールカウルなど見栄えが悪いわけではないのですが、フルLEDにオシャレなシートなど、見た目にこだわったグレードを用意してくれれば、欲しいバイクの筆頭になると思います。 新たな変更点は、マットチタン色メーターパネル周りの採用、マットチタン色ハンドルスイッチカバーの採用、レッドの強制空冷ファン採用などを行った。 コンビニフックならぬコンビニリングですね 笑 リング状なのでビジネスバッグなどをこちらに掛けても、段差などの衝撃によってフックから外れる心配がありません。

Next

アクシスZ(ヤマハ)試乗インプレ 圧倒的な扱いやすさ [原付バイク・スクーター] All About

車体色は、3色 スターダストシルバー 新色 、ブラックメタリックX、ホワイトメタリック1)。 80給油 燃費39. リッター50キロは難しいかな。 ぼくは毎日の通勤で使用するので安全性を配慮して、あとはアクシスZのトランクにヘルメットが入るものを選びました。 ライバル・SUZUKIアドレスV125と比較 アクシスZとアドレスV125のスペックの気になった項目を以下のようにまとめました。 ホンダのPCXやスズキのスウィッシュはUSBもついて、メーターもデジタルで見た目もカッコいいです。 高燃費な新開発エンジン、さらにしっかりとした質感のボディと現代的なデザインを備えているので、コストパフォーマンスがバツグンにいいのです。

Next

アクシスZ(AXIS Z)のインプレ|乗り心地・足つき・加速・操縦性・排気音・コーナリング・制動力など

ゴールドキャリパーなどを追加。 なお、引き続き混雑した市街地での機動性に有利な10インチホイールを採用。 総じて目立ったひとつのキーワードは「扱いやすさ」という点です。 前後輪10インチホイールの足回りは、小回りが利くのに直進安定性も悪くない。 その中でも比較的シート高が低くて、車重も軽くそれほど大きくないアクシスZが候補に上り決定しました。 大きさは50ccより一回り大きい感じだが、私はカッコいいと思いますね。

Next

アクシスZをローダウン化

アクシスZのオーナーレビューを見ると、時速80kmまではスムーズに加速し、引っ張るとじわじわと90km前後までスピードが出るそうです。 6 37. 必要な場合は社外品を装着することもできます。 車体色は、2色 ビビッドレッドメタリック5、ブラックメタリックX。 5 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 319. キーがヒンジで折れる構造になっていて、なぜそうなっているのかナゾ。 型式は、EBJ-SE44J フルモデルチェンジでの変更点は、上の「シグナスX 」と同じ。

Next