ファモチジン od20。 ファモチジンの効果と副作用

ファモチジンOD錠20mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

(妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦等:妊婦又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 また、HP検査に影響を受けにくいのでEGD前やHP除菌確認の際にはPPIから変更して使用している。 2.服用時: 1).本剤は舌の上にのせ唾液を浸潤させ舌で軽くつぶし、崩壊後唾液のみで服用可能である。 腎機能障害• 【その他】• 患者向 医薬品ガイド• けれど、胃壁が弱っていると、胃粘膜を荒らし、胃炎や胃潰瘍(胃粘膜の傷)の原因にもなります。 一方でペプシンの分泌を抑制すると、食物のタンパク質が分解しにくくなるため、これにより時折便秘や腹部膨満感、吐き気などの副作用が生じることがあります。 2.急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変(糜爛、出血、発赤、浮腫)の改善:ファモチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後又は就寝前)経口投与する• また、1回20mgを1日1回 就寝前 経口投与することもできる。

Next

ファモチジンOD錠20mg「オーハラ」

3.ファモチジンにはどのような作用があるのか ファモチジンは主に胃酸の分泌を抑えることで胃を守る作用があります。 胃酸や胃液に含まれる消化酵素の分泌をおさえる働きや、出血をおさえる働きがあります。 ファモチジンの意外な特徴として、近年「関節の石灰化を溶解する作用」が認められることが報告されています。 ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー 呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫 顔面浮腫、咽頭浮腫等 、蕁麻疹等 が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 意識障害、けいれん• 現在でも、消化性潰瘍の治療に第一選択されます。

Next

ファモチジン

・H2ブロッカーとしては3番目、経口で使えるのは2番目の登場だったと記憶しています。 8).その他:CK上昇(CPK上昇)、味覚異常、筋肉痛、背部痛。 特に同種同効薬との差異を意識したことはなく、また同僚の間で院内採用がガスターしかないことが話題になったこともない。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 胃炎や胃潰瘍の治療に用います。 相互作用 併用注意:アゾール系抗真菌薬 経口 イトラコナゾール 経口 [併用薬剤の血中濃度が低下する 本剤の胃酸分泌抑制作用が併用薬剤の経口吸収を低下させる ]。

Next

ファモチジン

の急性増悪期の胃粘膜発赤の改善• Ccr:クレアチニンクリアランス。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 この系統の開発により、胃潰瘍の治癒率が大きく向上しました。 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変 糜爛、出血、発赤、浮腫 の改善:ファモチジンとして1回10mgを1日2回 朝食後、夕食後又は就寝前 経口投与する。 H 2受容体拮抗薬(通称:H 2ブロッカー)は、主にH 2受容体に拮抗的に作用し、胃酸を抑える作用をあらわす。 また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる• 3.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹・皮疹、蕁麻疹(紅斑)、顔面浮腫[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。

Next

ファモチジンOD錠20mg「トーワ」

9).間質性肺炎:発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常等を伴う間質性肺炎が現れることがあるので、このような症状が現れた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 以下の病気・症状がみられる方は、• 急性胃炎の胃粘膜出血の改善• ジェネリックがあるので薬価も安い。 眠前1錠で軽度の早朝のGERD症状には有効。 • の胃粘膜 糜爛の改善• の急性増悪期の胃粘膜浮腫の改善• 慎重投与• いいことづくめである。 簡単に言うと、H2ブロッカーは効果はPPIに劣るものの、夜間の胃酸分泌の抑制に効果的です。 QT延長、房室ブロック• Zollinger-Ellison症候群• 【備考】 潰瘍の多くは、胃に住み着く「ピロリ菌」が原因。 (60歳代開業医、循環器内科)• の急性増悪期の胃粘膜浮腫の改善• (70歳以上開業医、一般内科) H2ブロッカー この薬をファーストチョイスする理由(2016年12月更新)• ・注射薬が採用されており、術後管理に使用しています。

Next

ファモチジン錠20「サワイ」

・古典的な薬だが、処方機会が多く、静注からの切り替え例も多い。 肝機能障害(AST、ALT上昇)• ペプシンは胃に存在する酵素の1つで、胃に入ってきたタンパク質を小さく分解する作用があります。 中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(SJS)• 但し、上部消化管出血の場合には注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口投与に切り替える。 また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる。 しかし「安いという事は品質に問題があるのではないか」「やはり正規品の方が安心なのではないか」とジェネリックへの切り替えを心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 重大な副作用 頻度不明• ファモチジンの主な作用について詳しく紹介します。

Next