魔 石 グルメ 魔物 の 力 を 食べ た オレ は 最強。 動き出す世界

動き出す世界

許可を」 「もう一度言う。 そう言っていただけると俺も嬉しく思います」 「ですが、時としてそれは仇ともなりえましょう。 いや違うな、我々はその言葉に甘えたのだ」 シルヴァードが語ることは決して間違いではない。 二十五章• 「迎えご苦労。 「……異常な事態です。

Next

未来

「本当ですか!ちなみにどういう人か教えていただけないかなって」 「えぇ勿論でございます。 一体何が起こったのですか、危険な魔物とだけお伺いしましたが」 「私からご説明しましょうアイン様」 伝言をしていたロイドが、説明すると言って前に出る。 入学したときから3年が経ちアインも4年次となったことで、年齢で言えばもうすぐ11歳になる。 アインにとって、こんなにも真摯に向かって来てくれる父親は居なかったから。 そんな姿を見て、他の乗客たちとしてもいったい何が起こっているのか?と不思議に思っていた。 とはいえバッツの家系は代々イシュタリカで騎士を務めて来た男爵家であり、本人も剣術のほうが得意。 もちろんアインは全くと言っていいほど納得できていない。

Next

未来

すると一瞬で大会議室は静寂を取り戻した。 是非、ご覧ください! ボイスコミック公開!. それをアインは吸い続けた。 だが彼らの異様な空気に押され、声をかけることができる者は居なかった。 「アイン様は恐らく、どうして学園内限定の護衛をと考えているでしょう。 されてるんだ」 「アイン様までそんな火に油を注ぐような……」 アインはこうして、このメンバーで集まって話をするのが楽しかった。 王家ガチャみたく何かの先祖返りとか?ないわけじゃないけど、だからといって特別意外性があるとも思えない。 だがそれでもこの状況を許すことが出来なかった。

Next

未来

そして城での鍛錬も続けたことにより、逞しく立派に成長している。 ただただ物騒だなっていったところです」 結論を言うと、マジョリカにはアインのことはバレていた。 アフターストーリーという名の続編をこちらにそのまま更新して参りますので、引き続きお付き合いいただけますと幸いです。 結局、想像が出来なかったという事実はあながち間違いではなかったようだ。 『ありがとう……』 どこからか声が聞こえた、優しい声だった。

Next

魔石グルメ ~魔物の力を食べたオレは最強!~(Web版)(俺2号/結城 涼)

魔王の魔石とデュラハンの魔石は引き合った、そしてデュラハンのスキルと例の魔石は引き合う。 それとナメクジは全身がほとんど筋肉でできている。 。 そう不敬な事ばかり思っていた中、一瞬時が止まったように感じた。 それだというのにアイン、お主は王太子という身でありながら、それでもマグナへと向かいたいと口にするか!」 シルヴァードが出す王の威厳。 さらに、コミックス発売を記念して、ボイスコミックを公開いたします。 これが私の仕事ですからな」 「ごめんなさい、アイン……アイン……」 アインはロイドにより、意識を飛ばされた。

Next

『魔石グルメ 魔物の力を食べたオレは最強!』声優の村瀬歩さん渕上舞さん出演のボイスコミックが公開

この3年で体は大きく成長し、優しげな表情で魅力的だった彼は段々と男性の魅力も身についてきた。 「すまぬ。 アイン様のお優しいお心は皆がわかっております。 クリスが無事に帰るのを祈るのニャ」 「神にでも祈れってか」 アインは久しぶりに神について考えた、久しく考えていなかったのは否定できない。 港町マグナ沖、沖と言っても近くに出現しています」 「……クリスさんが出る程のことなのか?」 数年が経った今では、アインはロイドに対してもこのように話しかけられるようになった。 何かを我慢しているかのような表情をしており、いつもと違った何かが起きているのだと感じた。

Next