ガンダム ウイング スノー ホワイト。 『ガンダムW』スノーホワイトがGFFMCで立体化、白いボディで大翼広げる:マピオンニュース

「ガンダムW」幻の機体“白雪姫”、超合金として初フィギュア化! カトキハジメが続編小説イラストから全身描き起こし

入院費の支払いに苦慮していたところ、同じく火星に来ていたヒルデと再会。 その時にはヒイロを身籠っており、アディンに出産を反対されるが出産を強行している。 第一次月面戦争時には地上軍統括本部詰めの参謀として参戦。 ゼクスにZEROシステムのユニット・ボックスを託し、息子トレーズに届けるように依頼した。 リリーナの完全平和主義に賛同し、彼女の力になるため未完成のMS「プロメテウス」を奪い脱走する。 トレーズ・ファイル [ ] ヒイロの覚醒に必要だったバーチャルバイザーの記憶ファイルの一つ。 モガディシオ攻略戦にてトレーズが担った後の兵士のための教育役を期待される。

Next

『ガンダムW』スノーホワイトがGFFMCで立体化、白いボディで大翼広げる

温和で平和主義な人物で、モガディシオの反乱に対し意見の対立するヴァンとベンティの仲裁を行う。 その後、"黒い翼"に撃墜されたトールギスヘブンを救い、張が戦いの疲労から戦闘不能になるが復帰後最終決戦に再び投入される。 優秀ながらも熱意というものがなく、「極端な合理主義者」と渾名されるほどだったが、運命に翻弄されるピースクラフト姉妹との関わりの中で変化し、また姉妹にも影響を与えた。 ・《》…撃。 蒼龍と連結することで両刃の長鑓としても扱える 蒼龍……玄武の裏に装着されるビーム砲としての機能も有するビームグレイブ。 バベル迎撃にあたって復帰したヒイロが搭乗、バベルに痛撃を与えるが、リリーナ救出のためヒイロがバベルに潜入するため放棄される。 オペレーション・メテオに参加し前線に立ち続けた兵士としてのトロワは完全になりを潜め、目覚めたヒイロからは「冷たい仮面を取り外し優しさを隠そうともしない」と評される程温和な人間となった。

Next

『ガンダムW』スノーホワイトがGFFMCで立体化、白いボディで大翼広げる

「ワイバーン」に搭載されているZEROシステム初号機と「P・P・P・P(プロトタイプパーフェクトピースプログラム)」をプログラミングした人物。 小説 [ ]• カトルの姉のイリアが風土病について調べている。 トロワ・フォボス曰く「かなり年の離れた兄妹」。 かつてトレーズ・クシュリナーダが、モビルドールを壊滅させるべく研究者に設計開発を依頼したもので、最近になってようやく実用段階に漕ぎ着けたものであるとのこと。 財団代表就任前、サブリナの乗る地球使節団のシャトルの爆破テロを指揮し、地球と宇宙の対立を決定的とする。

Next

『ガンダムW』スノーホワイトがGFFMCで立体化、白いボディで大翼広げる

高速戦闘機型のガンシップ・フォース、機動戦闘機型ガンシップ・ファイター、重爆撃機型のガンシップ・ボンバーの3種類が存在する。 幼い頃に父と火星を旅していたが、後にシュバイカー孤児院に預けられる。 戦車隊を務め、カテリナ女王の雄姿を目撃していた人物。 本編では故人。 ・《シュツ》…暴。

Next

【G.F.F.M.C.】ウイングガンダム スノーホワイトプレリュード

その後ヴァンが駆るウイングゼロ"黒い翼"と交戦、W教授が敗北するとファザーの許可でマーズリミッターを解除し"魔王"となる。 その他のモビルスーツ [ ] エピオンパイ [ ] 機体解説 トレーズが開発したガンダムエピオンの設計データを入手した老師・張が独力で開発したMSでガンダムエピオンの2号機である。 元はガンダムエース誌に2010年8月号から2016年1月号まで連載されていた。 トレーズは彼の将来を有望視していたが、自身は母親のアンジェリーナの意思に従い、兄に地球と宇宙の覇権を握らせることを目標に行動していた。 デュオを残し全滅した孤児院に近寄る事すら禁じられて研究させられ続けてしまう。 型式OZ-20MSX-D。 ヒイロらを救出すべく、火星連邦首都リリーナ・シティに向かったW教授、デュオ、フォボスはその途中で、火星連邦のナイナ、ミル、カトリーヌの操る有人型マーズスーツとラナグリン共和国が送り込んだビルゴの上陸部隊との戦闘に遭遇する。

Next

白雪姫(新機動戦記ガンダムW)とは (スノーホワイトとは) [単語記事]

逃亡したアルファは戦争の元となるGND原石が埋蔵されている巨大溶岩トンネルを破壊し、バードモードのプロトゼロに搭乗したまま宛てもなくさまよっている所をカトルと出会い、プロトゼロを託し何処かへ去っていった。 積極的で活発な性格で、家庭教師であるヒイロへの恋心を自覚している。 ノイエンハイムの姓を捨てノインと改姓、女性名であるルクレツィアを嫌いノインと名乗る。 火星南北戦争は終結を迎える。 プログラムを動かせるのは平和を願ったピースクラフトの人間のみであり、リリーナ自身とリリーナに使用されているピースクラフト製ナノマシンが起動キーとなっており、彼女がプログラム用のコードを入力し、彼女が『SET』を命じるか安らかに死ぬ以外に命を落とした時に強制的に発動する。 ゼクスがトレーズとの決闘に敗れOZに戻った後もゼクスとは協力体制にあり、火星に落ち延びていたがホワイトファングと地球統一軍の決戦終了後にゼクスと会い、半壊していたエピオンを託される。 士官学校では優秀な成績を収め、誰よりも優秀な将軍になると叔父のカタロニア将軍にも認められていた。

Next