ニュース 23 アナ。 TBS社長、小川彩佳アナの「ニュース23」を「じっと見守っている」/芸能/デイリースポーツ online

小川彩佳アナの『ニュース23』がスタート 「徐々に腹をくくれている」(コメント全文)

産休中は2015年11月23日 - 27日の一週間は蓮見が代行し、翌週の11月30日 - 2月5日の間は(TBSアナウンサー兼報道局経済部記者)が代行を務めた。 小川も、サブキャスターを降板するまで後藤と共演していた。 SPORTS スポーツコーナー。 2014年3月31日までは同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、中部日本放送。 キャスターに、『ニュースウォッチ9』や『NHKニュース7』を担当してきたアナウンサーを起用。 2013年9月30日からはこの日から加入した気象予報士の國本に交代し、タイトルも変更された。

Next

井上あさひアナ、23時台ニュース新番組 『ヒストリア』後任は渡邊佐和子アナ

1時間時代の最後期と同様に、(を記載しない)新聞の番組表には1行目に「NEWS23 膳場貴子」と表記した所がある。 抜擢前はさんざん上手い事言われてキャスター就任したけど、結果が全てだからね。 下半身は映っておらず、椅子に座って机越しにカメラに映っているとみられる状況だ。 TBSでは2018年4月2日から、月曜日の22:57 - 23:00 に、『先出し! 筑紫哲也『ニュースキャスター』 番組誕生から今日まで• 29 星浩 皆川玲奈 2019. メインキャスター• さらに、アニメーション監督のが過去に発表した映像作品から、「働く人の一日」をテーマにが改めて編集した風景映像をオープニングタイトルに採用。 令和の幕開けでは、テレビ各局が特別報道態勢を敷き、キャスターや大物司会者らがこぞって出演し、シ烈な視聴率争奪戦を繰り広げた。

Next

櫻井翔に下克上か!?小川彩佳アナ「ニュース23」転身報道の波紋

1 2016. 特集のは、かつて番組の男性サブキャスターだったが担当した。 ただ、本当に7月登場なのか、イマイチ不明」(同・編集者) フジは三田アナで上がり目、テレ東は下がりなし。 「金曜深夜便」時代は放送内容が新聞ラ・テ欄に表記されていなかったが、「金曜解放区」から表記された。 嵐の櫻井と別れて良かったと思う。 10 膳場貴子不在時のメインキャスター代理。 ニュース終了後、『 - モニタリング』の続きを放送した関係で後続の番組が全て10分繰り下げられたのに伴い、当番組も10分繰り下げ(23:20 - 翌0:06)となった。 そうした中、プロ野球選手とは別れ一般男性と結婚する道を選んだ三田アナ。

Next

TBS社長の「不十分」発言で小川彩佳アナに同情が集まる理由

出演者は筑紫以外の全員が続投。 2 ローカル枠での出演。 同年の夏頃に予定している出産の前後には、扱いで当番組を休演する。 膳場がメインキャスターとして、岡山がサブキャスターとして続投。 JNN協定非適用。 その一方で、番組を降板する良いタイミングなのではないかとの声もあり、その理由は番組の視聴率低迷にあります。 翌日の天気に関するコメントとなっていた。

Next

“寿退社”小川彩佳アナに「ニュース23」起用報道 TBS女子アナは地獄…歯ぎしりのテレ朝 (2/2ページ)

「有働の厳しさは半端じゃない。 また、芸能人や文化人の特集を組む場合には「23 文化部」というタイトルがつけられていた。 局からはスタッフに対する番組報奨金などが毎週のように出されているほか、徳永キャスターはスタッフらと何度も会食を重ねることでコミュニケーションを図っているという。 男性視聴者は三田の困り顔に萌えるはずです」(前出の事情通) さらにこんな話も。 岡山は、担当初期は『』出演と重なることがあり、当該日はオープニングに登場せずに、原則天気のみの担当であった。

Next

小川彩佳“女子アナバトル”の壮絶 雨宮アナ追い出す形にTBS内で賛否両論 (2019年5月5日)

深夜0時半過ぎ、番組復帰を終え、帰宅したアナ。 画面上で並んだ小川アナはその解説を何度もうなずきながら聞くなどしていたが、その際にもカットソーの視認性は非常に高いものとなったため、前述の声のほかにも、「小川アナすごいことになってるな」といった驚きの声が上がるなどした。 2006年9月25日からの『筑紫哲也 NEWS23』から通算9年半にわたってキャスターを務めた膳場は、翌週から土曜夕方の『』に異動となった。 天気予報 2016年度は全曜日放送していたが、月曜 - 木曜は第2部で放送。 星が報道番組初キャスターということや進行を行うことに不慣れな部分が生じ 、星の不慣れな進行を補うため、2016年7月25日より星の新たなサポート役となるメインキャスターとして、『』や『』などで司会・進行を務めていた(元TBSアナウンサー)が加入し 、以降は星と雨宮・駒田を中心に進行し、雨宮は星の不慣れな進行を補いつつ、星に代わって主に番組全体の進行を務める。 この日は特例として「金曜解放区」ブロックもJNN協定適用枠に準じた扱いとなり、毎日放送などでも臨時フルネットとなった。

Next

フジテレビ“鬼門23時枠”打破した三田アナ プロ野球選手より一般男性選んで正解

6月3日からTBS系列の報道番組「NEWS23」のメインキャスターに、元テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーが就任する。 30分版『NEWS23』からは膳場のみ引き続き出演、が8年ぶりにニュースキャスターを務める。 さらに、も開始された。 スタッフの皆さんと打ち合わせなどをする中で、 少しずつ番組のかたちが見えてきて、徐々に腹をくくれているという感覚です。 ただし、プロ野球の試合結果などの大項目のものについては本コーナーで伝えていた。 アジア大会中継の中で代替の『JNNニュース』を放送した。

Next