あてずっぽう 意味。 あてずっぽうの語源・由来

「当てずっぽう」を英語で言うと?

1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi. あてずっぽ。 株式会社三省堂 Copyright C 2001-2020 Sanseido Co. 押し推量• この「あてずい」をする人を指して、擬人化して「あてずい坊」といったことから、「あてずいぼう」から「あてずっぽ」「あてすっぽ」へと言葉が変化していったのが「あてずっぽう」の語源です。 だいたい。 壁越推量• 「当寸法」は「あてずんぽう」と言い、寸法を適当に当てるという意味があります。 測りしる• スポンサーリンク あてずっぽうの意味 何の根拠もなく勘だけで行うこと。

Next

「当てずっぽう」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

「あてずっぽう」のその他の語源説には、「目当てなしに打ち出す鉄砲」を意味するとする説、「当寸法(あてずっぱう)」が語源とする説があります。 あてすっぽ。 全体的にみて。 あてずっぽ、あてすっぽともいいます。 「揣摩」とは、自分の心で他の人を推し量るという意味です。

Next

あてずっぽうの意味と語源とは?

[副] 1 細部にこだわらず概略を判断するさま。 あてずっぽうとは「 いいかげんな根拠で物事を判断すること」という意味です。 ,Ltd. 「あてずっぽう」もこのころにできた言葉だと考えられています。 測知る• そのいい加減にやることから、そう簡単に寸法が合うことはないことから 「当寸法」が変化して「あてずっぽう」になったという説があります。 All rights reserved. あて推量 推測や推量で形成された仮説(普通はっきりとした証拠がない) の意• ただし、山師はペテン師の代名詞にもなっている言葉なので、他人をあざむく意味で「山勘」が用いられるようになったのは、山師に由来していると考えて良いだろう。 山勘は、「山を張る(掛ける)」「山を当てる」などといった言葉と同時期の近世以降に見られる語で、第六感を「勘」と言うようになったのも同時期である。 そもそも。

Next

山勘(やまかん)

「当てずっぽう 」を英語で何と言うでしょうか? I just took a shot in the. 思做す•。 不完全な証拠から結論される構造に関する推論 の意• また、そのさま。 あて推量 推測や推量で形成された仮説(普通はっきりとした証拠がない) の意• 当てずっぽうの類語・言い回し・別の表現方法 当てずっぽう 意味・定義 類義語 不完全な証拠に基づく意見を表すメッセージ [] 想察 仮定 あて推量 目算 推察 予測 当てずっぽう 推定 押し推量 憶断 憶説 憶測 仮説 当て推量 推し言 想定 揣摩 臆測 推考 予断 臆断 見当 恐察 推当 察し 心当て 推度 推当て 揣摩憶測 推し当て 臆説 想像 仮想 臆度 推測 推論 押推量 推量 推しあて 忖度 推知 揣摩臆測 当てずっぽう 意味・定義 類義語 わずかな情報あるいは全く情報がない状態での推測 [] あて推量 壁越推量 当てずっぽう 臆見 憶測 当て推量 推し言 揣摩 臆測 推言 推当 心当て 壁越し推量 推当て 揣摩憶測 推し当て あてずっぽう 想像 憶見 心当 揣摩臆測 当てずっぽうの例文・使い方現在、例文データはありません。 さらに、それが擬人化され「当て推坊」(あてずいぼう)となって、ここから音が変化して「当てずっぽう」となったという説です。 壁越推量• あてずっぽうの語源には諸説ありますが、一説には「当寸法」から来たという説があります。 新潟県田上町の方言 Copyright C 2020 Akira Hasegawa All rights reserved. 山本勘助の説は、使われ始めた時代と人物の時代がずれ過ぎていること、山勘がごまかす意味で用いられるのは当てずっぽうよりも遅いこと、策略が優れていることから当てずっぽうの意味になるには隔たりがあり過ぎることなどから考え難い。 押推量• 推しあて• 「当てずっぽう」は「いい加減な予想でものごとをすること」といった意味です。

Next

あてずっぽうの語源・由来

すると、山師の勘が有力に思えるが、山師の略ということではなく、「山を張る」や「山を当てる」などと同じで、山が投機対象であったことから万一の成功・幸運を「山」と言い、それを狙った勘で「山勘」となったと考えるのが妥当である。 1つは「当て寸法」に由来する説です。 「適当に考えて判断する」という意味の類語として、「山勘(やまかん)」「壁越し推量」「揣摩臆測(しまおくそく)」などがあります。 思為す• およそ。 江戸時代に、根拠もないのに物事を推し量ることを「当て推量」といい、「あてずいりょう」を略して「あてずい」ともいわれました。 「あてすんぽう」が「あてずんぽう」となり、さらに変化して「当てずっぽう」となったというものです。

Next

あてずっぽうの意味と語源とは?

はっきりした目的がないのに物事を行うときに言う言葉です。 (適当に言ってみて。 語源には諸説ありますが、大きなものとして2つの説があるようです。 「当てずっぽう」の「 ずっぽう」は普段使わない表現ですが、どんな意味なのでしょうか。 あてずっぽうの語源とは? 「当寸法」が変化して「あてずっぽう」となった。 不完全な証拠から推論する の意• 「昨日のテストをあてずっぽうで答えたら当たった」などで使われます。

Next

あてずっぽうの意味や使い方 Weblio辞書

壁越推量• 「当てずっぽうに指さす」 ー出典:デジタル大辞泉ー. 他には、根拠もなく推し量ることから「当て推量(あてすいりょう)」といい、意味は「あてずっぽう」と同じで、 これに擬人化する「坊」をつけて「当推坊(あてずいぼう)」となり「あてずっぽう」となったという説もあります。 もう一つは、「当て推量」由来説です。 「揣摩臆測」は、人の心情を推し量るときにのみ使える言葉です。 推し計る• いったい。 あらまし。 また、そのさま。 当て推量。

Next