暁 の ヨナ 177。 【暁のヨナ】最新177話のあらすじネタバレと感想を紹介!花とゆめ2019年15号7月5日発売

『暁のヨナ』177話ネタバレ『花とゆめ』2019年15号

ヨナはケイシュクが今まで四龍にした事を覚えてるか聞いた。 そして、 大神官達はヨンヒの一族の屋敷へ押し入りました。 嬉しくて…) にやけることを止められないハクだった。 しかし、そのユホンの力の見せ方があるからこそ、 他国を圧し、 民は平和という恩恵をうけていると。 かくして武術大会、「龍神祭」が開幕しました。 ヨンヒは、神官見習いであったカシとイクスを探していましたが、一緒に処刑されたのではないかと女官に言われてしまいます。 ヨンヒは、ユホンを恐ろしいし愛しいと思いながら抱きしめかえします。

Next

暁のヨナ【177話】最新話ネタバレ!告白のあと|女性まんがbibibi

目の前のゴビ神官がその話を聞いており 「四龍は森へ…」と呟いていたからです。 ハクの回想 まだ今よりも幼いハク。 Yahoo運営だから安心。 今 回一番印象に残ったシーンは、 『 迎えにきたユホンにヨンヒが母の死を告げて、真相を言おうとして 約束を思い出し、ただ泣くヨンヒを 必死にユホンが慰め抱きしめる』 シーンを選ばせて頂きました。 だから 一緒に帰ろ! 誰かが来る ゴビ神官の手下…? 高華国の兵士? クエルボ様、私に力を・・!! ユーランがクエルボが戻ったのでは、と言いますが、ヨナはそうではないだろうと推測します。 民衆を味方につけた自分達は従わなければこれ程王家にとって目障りな存在はないと言います。

Next

暁のヨナ【193話】最新話ネタバレ!噛み合わず進み出す歯車|女性まんがbibibi

「高華の雷獣」と名高い武力をもつ。 ヨナはテジュンに、一緒に帰ると騒ぎになるから別に帰ることを告げ、ユンが戻らないけど何か知らないかと尋ねます。 」 ユーラン「あちらの方へ」 ユーランの言葉が終わらないうちに、ハクは駆け出しました。 ヨナは、何も言えなくなって「以上です」って 話を終わらせるしかない。 」 ハク「どっちへ行った!! ハク 高華国の五部族のうち、風の部族の将軍・ムンドクの孫で自身も将軍を務めていた。 ユンの周りを四龍が囲んだ。 ハクはめんどくさいから言わなくていいと答え、それに対してアヤメは 言えない相手だったり片思いだったりするのかと尋ねます。

Next

暁のヨナ177話のネタバレと感想!聞こえた?|漫画ウォッチ

長いこと片想いをしていたハクには嫉妬は通り越していた。 ユンには誰もかないませんね、ユンママ(笑) ヨナの嫉妬 符立ち並んで座って、ハクはユンを見てるとアヤメのことを思い出すと話し出しました。 ポイント還元、まとめ買い・セット割引あり。 水をあげ終わると、ハクが強引にキスしてきます。 スウォンは うずくまっている女性に心配して声をかけていました。 四龍とともにハクもヨナを探しますが、クエルボの姿も見当たりません。 次回は16号7月20日発売です。

Next

暁のヨナ 177話 31巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

ハクは聞こえましたけど もう少し聞きたいと言います。 ハクの陛下に対する、氷の刃の様な殺気…! ケイシュクはそれすらもアッサリと言い返す。 死ぬのはゴビの方だろ」 ヨナを助けるため ヴォルド 「アホギラ、おいっどこまで行く気だ。 進もうとするヨナをケイシュクが引きとめました。 そんなあなたのために今すぐ電子書籍で無料で読める方法をご紹介しましょう! 本屋に買いに行くのも、借りに行くのも天気次第で嫌になっちゃいますよね! それにネットでマンガを読むなんて通信量や料金、安全性なんかもいろいろ気になっちゃいますよね。

Next

暁のヨナ【最新話177話】「聞こえましたけど」のネタバレや感想!|漫画X

おめでとうございます!と歓声に包まれるヨナ。 ケイシュクがスウォンの隣の席をヨナに勧めます。 「歴史的な勝利の日だ」 その言葉を聞いてハクはブチ切れ、大槍をケイシュク参謀へ向けました。 ケイシュク参謀に薬のお礼を言いすぐにここを去ると告げるヨナに、ケイシュク参謀は、ユンが医術を学びたいなら教えるけれど、行き先は 緋龍城だと言ってきます。 「…私 もう将来はハク様と結婚する」と投げやりに言う彼女に、頭を冷やしてちゃんと話しあうようにアドバイスするハクがお兄さんぽくてよい感じ。

Next

【暁のヨナ】最新175話のあらすじネタバレと感想を紹介!花とゆめ2019年5月20日発売

言えない相手なのかとアヤメに訊かれ、それもあるが、どうこうなりたいわけじゃなく 関係が壊れて失う方が嫌だと答えるハク。 ハクはユンを見てるとアヤメを思い出すと言います。 初登場シーンではモブ扱いだったフクチが、ここまでなくてはならない存在になるなんて思いもしませんでした。 城に戻るテジュンに誘われましたが、ヨナたちは騒ぎになるからと断りました。 迎えに来たユホンは、泣いているヨンヒにどうしたのかと聞きます。

Next