花 より 男子 二 次 小説 キラキラ。 ⑥

L'homme du destin 〜運命の人〜 花より男子二次小説

。 ameba. ちょっと、冷やかしてやるか笑 司は、類達のあとから、カフェに入り、離れた席から様子を見ていた。 。 道明寺とは、10数年前、ばったり会ったっきり。 どうして、こんな事になってしまったのか。

Next

二次小説 人気ブログランキング

。 。 あの、、、今日は、いつもと感じが違うっていうか。 そんな、玲人の姿に、彼女も惹かれていき、2人の距離が縮まっていった。 」 「いえ、、、実は、僕も本当の事を言うと、この結婚には迷っていました。 まだ、大学生である自分。 」 頭を下げた司に、玲人もビックリしていた。

Next

渡れない天の川(司つく)<七夕企画>

。 」 「おかえりなさい。 何か、やっぱり君達って凄いんだね、、、。 玲人は、今まで誰かに、真剣に怒られたことが無かった、自分のしている事は全て許される、親の力、金の力で何とかできると思って生きてきた。 「花沢類?あの、、牧野です。 」 「それでいいの?」 「、、、、」 「彼女の事、本当に愛してたのか?? このまま、中途半端に気持ちを引きずったまま、先になんて進めないんだぞ。 。

Next

新たな道へ 15

「うん。 4年後、司21歳。 そこには、 「さようなら」とだけ書かれていた。 何がいいかなって思ってさ。 」 そう言って、類は稜の肩をポンと叩き、その場から離れて言った。 司の娘だし、小さい頃から知ってるけど?」 「それが、どうかした??」 「、、、うん。 梓のやつ、付き合ってるヤツがいるってホントか??」 「らしいな。

Next

新たな道へ 15

彼女の働いていた店を訪ねたが、そこにも彼女の姿はなかった。 」 司は、ぶつかった相手の顔をじっーと見て、立ち止まっていた。 」 梓は、お辞儀して、挨拶をした。 」 つくしは、返す言葉がなかった。 。 忙しいのにごめんなさい。

Next

ponypo1980. 「司です。 これをきっかけに、司は生活拠点を日本に戻す事を決め、帰国。 うちの社員で、佐伯稜君。 」 「はい。 。 さっき、あきらんちの双子達が噂してたからさ。 。

Next

新たな道へ 15

でも、お付き合いするのは、あなた達が辛いだけ。 。 しばらくたったある日、玲人は彼女の部屋を訪れた。 」 「じゃあ、、、何?」 つくしの様子に、何か感づいたようだったが続けた。 「君、名前は?」 「はい、佐伯稜です。 」 「へぇ。 ponypo1980. 許されるとは、思ってませんが、、、。

Next

渡れない天の川(司つく)<七夕企画>

その状況に、嬉しさよりも、自分の今の立場や親になるという事が理解出来ず、気付くと、部屋から飛び出してしまっていた。 駆け落ちでもいいじゃないか。 稜には、お付き合いを辞めなさいと言ったけど。 」 「、、、後悔するなよ。 仲の良かった同僚の話では、 玲人に会うために、神崎家を訪ねてきていた事、そこで、玲人との事を話すも許してもらえず、代わりに、フランスでのソムリエ留学と手術費用を条件に、別れるように告げられたという。 どういう経緯かは、わからないんだけど、その梓さんと、稜がお付き合いしてるみたいなの。

Next