本屋 大賞 ノミネート 作品。 2018年本屋大賞ノミネート作品発表!ノミネート10タイトルと著者情報を一挙紹介!

2017年本屋大賞、結果発表迫る!ノミネート10作品を一挙ご紹介!

-------------------- ジェーン・スーの友人、メラニーさん(一般人)はアカデミー賞予想をライフワークとしているが、 私は「本屋大賞予想」をライフワークにしたい。 第39回野間文芸新人賞受賞作。 開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。 大賞作品および発掘部門、翻訳小説部門の結果は、本日より二次投票が開始され、2020年4月7日に発表される予定だ。 今後も「Yahoo! しかし、失敗すれば…。

Next

「本屋大賞」2020年のノミネート全10作品のあらすじとおすすめポイントを紹介!【前編】

すべての人にいつか訪れることをあたたかく描き出す、今が愛おしくなる物語。 開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。 彼らはそれぞれの立場から、街の人々に愛されてきたデパートを守るため、売り場に立ち続ける。 0点 8位 『崩れる脳を抱きしめて』 知念実希人(著) 実業之日本社 162. 【ライオンのおやつ】(小川糸/ポプラ社)のあらすじ 男手ひとつで育ててくれた父のもとを離れ、ひとりで暮らしていた雫は病と闘っていたが、ある日医師から余命を告げられる。 2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。 それに反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけて霜介と勝負すると宣言する。 過去に苛まれる碓氷。

Next

本屋大賞

そんなある日、小柳さんに、店を辞めることになったと言われ……。 さて、今回のノミネートで私の未読は3作品。 さらに、赤石が論文データを捏造したと告発する怪文書が出回り、祐介は「犯人探し」を命じられる。 0点 4位 『たゆたえども沈まず』 原田マハ(著) 幻冬舎 227. 『すいか』『野ブタ。 文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。 こんにちはブクログ通信です。 > 青柳碧人 著 /双葉社 昔ばなし、な・の・に、新しい! そのヒットの裏側に迫るべく、版元・新潮社の担当チームのみなさんに、同作の企画立案から大賞受賞までの秘話をインタビューした記事を掲載しました。

Next

本屋大賞

ソ連と西側諸国が対立しつつある状況下で、ドイツ人少女アウグステの恩人にあたる男が、ソ連領域で米国製の歯磨き粉に含まれた毒により不審な死を遂げる。 10位『むかしむかしあるところに、死体がありました。 芥川賞を受賞した本作は、「普通」とは何なのかを考えさせられるリアリズム小説です。 彼女は死者の言葉を伝えられるが証拠能力はなく、香月は霊視と論理を組み合わせて事件に立ち向かう。 仕事を探さなければと思いつつ、動き出せ ない日々が続いた。 水墨画とは、筆先から生みだされる「線」の芸術。 だからこそ、周りから不思議がられても、完璧なマニュアルの存在するコンビニが安らぎの場でもあった。

Next

2017年本屋大賞、結果発表迫る!ノミネート10作品を一挙ご紹介!

この予想を見て、関係者が「外れまくっとるやないか」と高笑いしてるかもしれませんねw では、答え合わせは明日。 神奈川県立海老名高等学校卒業。 ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。 今年はコロナウィルスの感染拡大の抑止に伴い、参加者の安全と健康を最優先に考え、発表会自体を行わず、事前録画による動画配信にて発表しました。 5点 4位 『きみはいい子』 中脇初枝(著) ポプラ社 212. 『スワン』は、駆け込みで評価が上がっていた印象があったため。

Next

本屋大賞-歴代受賞作|全作品一覧

3位 『 』 砥上裕將(著) 講談社 両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。 一家はどこへ消えたのか? (双葉社『ムゲンのi』特設ページより) 著者:相沢沙呼 発売日:2019年09月 発行所:講談社 価格:1,870円(税込) ISBNコード:9784065170946 あらすじ 推理作家として難事件を解決してきた香月史郎【こうげつしろう】は、心に傷を負った女性、城塚翡翠【じょうづかひすい】と出逢う。 Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。 読み始めたら引き返せない、戦慄の暗黒ミステリ! 著者:芦沢央(あしざわ・よう)さんについて 1984年生まれ。 一般の文学賞とは異なり作家・文学者は選考に加わらず、「新刊を扱う書店(オンライン書店を含む)の書店員」の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。 受賞年 1位 2位・3位 2020年 『 』 著/ソン・ウォンピョン 訳/矢島暁子 (祥伝社) 【2位】 『 』 著/ルシア・ベルリン 訳/岸本佐知子 (講談社) 【3位】 『 』 著/劉慈欣 訳/大森望ほか (早川書房) 2019年 『 』 著/アンソニー・ホロヴィッツ 訳/山田蘭 (東京創元社) 【2位】 『 』 著/トーン・テヘレン 訳/長山さき (新潮社) 【3位】 『 』 著/陸秋槎 訳/稲村文吾 (早川書房) 2018年 『 』 著/ステファニー・ガーバー 訳/西本かおる (キノブックス) 【2位】 『 』 著/陳浩基 訳/天野健太郎 (文藝春秋) 【3位】 『 』 著/ボストン・テラン 訳/田口俊樹 (文藝春秋) 2017年 『 』 著/トーン・テレヘン 訳/長山さき (新潮社) 【2位】 『 』 著/アンソニー・ドーア 訳/藤井光 (新潮社) 『 』 著/ピ-タ-・トライアス 訳/中原尚哉 (早川書房) 【3位】 『 』 著/アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ 訳/ヘレンハルメ美穂・羽根由 (早川書房) 20016年 『 』 著/ガブリエル・ゼヴィン 訳/小尾芙佐 (早川書房) 【2位】 『 』 著/ケン・リュウ 訳/古沢嘉通 (早川書房) 『 』 著/ヨナス・ヨナソン 訳/中村久里子 (西村書店) 【3位】 『 』 著/ミシェル・ウェルベック 訳/大塚桃 (河出書房新社) 『 』 著/呉明益 訳/天野健太郎 (白水社) 20015年 『 』 著/ピエール・ルメートル 訳/橘明美 (文藝春秋) 【2位】 『 』 著/ジョエル・ディケール 訳/橘明美 (東京創元社) 『 』 著/アンディ・ウィアー 訳/小野田和子 (早川書房) 【3位】 『 』 著/ロビン・スローン 訳/島村浩子 (東京創元社) 『 』 著/ヨナス・ヨナソン 訳/柳瀬尚紀 (西村書店) 20014年 『 』 ローラン・ビネ(著) 高橋啓(訳) 東京創元社 【2位】 『 』 スティーヴン・キング(著) 白石朗訳(訳) 文藝春秋 『 』 フェルディナント・F・シーラッハ(著) 酒寄進一(訳) 東京創元社 『 』 レイチェル・ジョイス(著) 亀井よし子(訳) 講談社 20013年 『 』 著/テア・オブレヒト 訳/藤井光 (新潮社) 【2位】 『 』 著/アーナルデュル・インドリダソン 訳/柳沢由実子 (東京創元社) 『 』 著/モーリス・ルブラン 訳/平岡敦 (早川書房) 【3位】 『 』 著/ロベルト・ボラーニョ 訳/ 野谷, 内田, 久野 (白水社) 『 』 著/ネレ・ノイハウス 訳/酒寄進一 (東京創元社) 20012年 『 』 著/フェルディナント・フォン・シ-ラッハ 訳/酒寄進一 (東京創元社) 【2位】 『 』 著/サルバド-ル・プラセンシア 訳/藤井光 (白水社) 【3位】 『 』 著/アンソニー・ドーア 訳/岩本正恵 (新潮社) 『 』 著/ケイト・モートン 訳/青木純子 (東京創元社). そして主人公の1人は、事件の31年後に企画された新聞社の特集企画に駆り出された文化部の記者。

Next

【2020年】本屋大賞ノミネート作品が発表!あらすじ紹介

宮崎に住んでいる里枝には、2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。 2017年、第66回神奈川文化賞未来賞(奨励賞)を受賞した。 凪良(なぎら)ゆう氏は、2006年に『恋するエゴイスト』でデビュー。 しかし、いくつかの面倒くさいルールがある。 長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。 彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。 横山秀夫さん6年ぶりの新作。

Next