あの夢をなぞって 歌詞 解釈。 【YOASOBI(ヨアソビ)】「あの夢をなぞって」歌詞を考察してみた

【YOASOBI/あの夢をなぞって】歌詞の意味を解釈!「夢の雫と星の花」に沿った歌詞を解説。

コミュニケーションの最大のテーマ。 あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ そのすべてを愛してた あなたとともに 胸に残り離れない 苦いレモンの匂い 雨が降り止むまでは帰れない 切り分けた果実の片方の様に 今でもあなたはわたしの光 出典:米津玄師 Lemon 作詞・作曲:米津玄師 二人の別れを切り分けた果実に例えているのでしょうか? そして、今でも忘れられずに思い続けている。 初めて会った日から 僕の心の全てを奪った どこか儚い空気を纏う君は 寂しい目をしてたんだ (歌詞引用元:) 因みに彼女が持っている花なんですが、7〜9月に咲く「コスモス」に見えませんか? コスモスの花言葉は「乙女の真心」「調和」「謙虚」 ピンクコスモスの花言葉は「純潔」 このことから彼女の控えめな性格や女性らしい可愛らしさを表現しているように感じますよね。 でもね、これ、普通に学生だったら「部活の朝練」って言うんじゃないでしょうか? 歌詞なんだから音のバランス的な問題だろう?そうかもしれません。 となるとこの歌詞は、生きている「あなた」に向けられたものと考えるのが自然です。

Next

米津玄師 / Lemon:歌詞の意味を徹底解釈!大切なあなたを失った悲嘆の歌。

歌詞の「その一言で分かった」のフレーズがありますが、 男性がすぐに女性の意図を察することができるということは 行為が一度だけでなく何度も何度も繰り返されていたということになります。 恥ずかしいという思いと、下手な行動をうって未来を変えてしまうのが恐いという思いが入り混じっているのでしょう。 あなたがいるから生きていくことができたという感謝、そして、これからもあなたの存在が自分の支えになっているということ。 また味わい深く独創的なバルーンさんの歌詞と相まって 忘れる事の決してできない名曲となっています。 自分を照らしてくれていた希望のような存在が 今では足元に落ちて溶けてしまった月のようだと 描写しているように思えます。 どこかであなたが今 わたしと同じ様な 涙にくれ 淋しさの中にいるなら わたしのことなどどうか 忘れてください そんなことを心から願うほどに 今でもあなたはわたしの光 ひいらぎの解釈 自分が思っている以上にあなたに恋をしていたんだな。

Next

YOASOBIで話題のボカロP《Ayase》過去ツイートから検証!年齢や出身は?オススメ曲も!

どうせ今は静かにしてくれと言っても叶わないのだから もっと激しく振り続けてこの悲惨な状況を笑ってくれと 言わんばかりになりました。 逆に言うと、「未来」の自分は「今」と「過去」を積み重ねた結果である。 心に生まれた光 暗がりの中で生まれた光はただ あまりに綺麗で見惚れていた 季節よ 巡って夜を纏え いつか心に穴が空いて痛みが住み着こうとも 自分の中に芽生えた 一縷の希望や 夢。 ぜひ、何度も聞いてみてください。 過去の自分が招いた無くしたはずの未来。 主人公が彼女に釣られて言葉にした「終わりにしたい」を聞いた瞬間に 嬉しそうに笑みを浮かべる彼女のカットが入ります。

Next

新しいチャイム〜異常歌詞解釈のススメ〜|丸見龍助|note

また、彼女がずっと主人公を救ってほしいと待っていたことは勘違いだったことがわかります。 正直、ここまで有名になった曲について書くのは、賛否両論が生まれる印象があった為怖かったのですが、少しでも良いなと感じて貰える方が居ればうれしいです。 自分のオタ活のヒントにするもよし、同人誌的に楽しむもよし。 爆速で200万再生も超え、YOASOBIがバズりまくりというニュースにもなっています。 しかし自殺予告の連絡をしている反面で男性が屋上にくるまで律儀に待っている彼女の様子があります。

Next

【死神の意味】YOASOBI「夜に駆ける」歌詞解釈:元となる小説は?

ミュージックビデオの最後はハルジオンの花が散っていく中、 駆ける主人公が映し出されています。 それに比べて「今」の自分はどうだろう? 「今」でも「過去」の自分と同じような理由で傷つくこともある。 「YOASOBIって一体誰なんだ!?」 「YOASOBIの曲ってCDで販売してるの?」 など、YOASOBIについて気になっている方も多いですよね。 あなたか亡くなってから胸が締め付けられ息ができないや。 素晴らしい楽曲をありがとうございました。 飛び降りるのをやめたのかと思いきや、足を踏み外したのか それともわざとそうしたのか、彼女の体が下へと落下していく様子が描かれています。

Next

米津玄師 雨の街路に夜光蟲 歌詞

「ボカロPまとめ」 kowaka 最近、業界の話題をかっさらっている音楽ユニット、YOASOBI(ヨアソビ)。 いや、どこが違和感のあるフレーズなんだと思われていることでしょう。 ここの部分の歌詞の「昏い過去」。 ロケーションは雰囲気的に、夕暮れの田舎のバス停のベンチっぽい感じ。 ここで、そのほかのフレーズにも気を配っていくと、新しい可能性も見えてきます。

Next