十 三 機 兵 防衛 圏 ネタバレ。 十三機兵防衛圏(ネタバレ無し感想)

十三機兵防衛圏のネタバレを思いっきり書いていく

このゲームは、キャラ同士のカップリングをやたらと推してくる。 元は遠隔操作の無人機だったが、反応が遅く、怪獣にコントロールを奪われてしまうリスクが生じた為、有人機となった。 グラフィック PS4作品で3Dで配置してれば大概綺麗なのだが、この作品は背景を眺めているだけでも美しいなぁと溜息をつきたくなる場面が多かった。 イケメンが大好きで網口や郷登のファンらしい。 112• これは、 十郎と恵の出会いから半年後とされていますが、時空移動の法則がわからないため、何月のシーンなのかはわかりません。

Next

PS4【十三機兵防衛圏】クリアー後感想 ※ネタバレ控えめ 2019年GOTYを決めるのはまだ早すぎる

神谷:関ヶ原は団体行動嫌がるだろうな、と思って……。 「シンク」は特定のキーワードをプレイヤーが選択して好きなタイミングで特定の相手にぶつけることで話が進むという仕組みとなっている。 冬坂五百里編の異様なまでの少女マンガエミュレートっぷりはすごく、壮大なSFストーリーを楽しみに十三機兵防衛圏を購入したはずだったのに、いつの間にかこの冬坂五百里の繰り広げる青春ラブストーリーにドキドキしてしまっている自分が居た。 十三人の主人公が相互に関係し合う群像劇で、とにかく謎が謎を呼ぶ展開で行きつく暇がありません。 素直で誠実そうな好感持てる少年で、真っ直ぐな心を持ち、いざと言うときに正しい判断ができる人物と言う印象を抱きました。 SF要素があるだけで実態はどこまでも人間味があるところがこのゲームの凄い所です。

Next

十三機兵防衛圏のストーリーが複雑で分かりにくい→考察しやすくなる7つのコツを紹介!

2019年10月24日 2019• 2064年の戦闘では機兵に搭乗せず、オペレーターを務めていた為にウイルスによる脳の損傷を免れている。 - IGN JAPAN• 特に兎美は、 如月 兎美編で正確な年齢が判明しているので、この件については彼女の考察で詳しく考えてみたいと思います。 鞍部十郎について 実は2100年代の人間で本名は 和泉。 ひたすら、 赤い小さな豆粒と大きなドット絵の意味不明なものを適当に攻撃するだけのゲームなのです。 また、主人公たちも魅力ある人物ばかりで、自分はプレイする内にみんな好きになってしまいました。 作中ではどちらも昭和という年号で語られていますが、本当は2025年でも年号を使いたかったんですよね。 426、しっぽ、相葉絵理花(玉緒ドロイド)、如月兎美(如月ドロイド)は 全部同一人物です。

Next

『十三機兵防衛圏』ネタバレ解禁インタビュー! ヴァニラウェアにエンディングの秘話を聞く【電撃PS】

あと同じことをゲームでやった先駆者としては、遠藤雅伸さんの傑作 「」や、最近の成功例として 「」の名前もぜひ挙げておきたい。 プレイヤー自身に自由に選ばせつつも実はうまく誘導してるナラティブ感に一役買ってました。 穏やかな性格で、特撮、ロボット、怪獣映画が好き。 『十三機兵防衛圏』の主人公となる13人全員の物語冒頭部分がプレイできるPS4用ソフト。 あと、立ち位置的には悪役寄りだった井田先生も最後は笑顔でいい感じになったと思う。

Next

PS4【十三機兵防衛圏】クリアー後感想 ※ネタバレ控えめ 2019年GOTYを決めるのはまだ早すぎる

脱帽です。 髪は茶色のショートヘアの少女で、体操服を着ている。 あと究明編というのがありますが、これはゲームモードではなく、作中で明かされた設定やイベントの回想モードになります。 ある意味で最大の特徴?幻想的な雰囲気を纏う2Dグラフィックス まずこのゲームで最初に目を引かれると思われるのがこのゲームの2Dグラフィックスだと思われるのですが、 「ドラゴンズクラウン」や 「オーディンスフィア」などでおなじみのヴァニラウェアが描く幻想的な2D絵に関しては今作も健在で、 綺麗なだけでなくかなり細かく動きます。 この点に気付いて各登場人物の歩き方を蔵部の部屋にて注視してみたのだが、人というのは姿勢一つでここまで印象が違うのかと関心させられた。 ゲームの構成について ~ゲームである必然性を持った稀有なADV~ 、アドというジャンルに関して常々思っていたのが「ゲームである必然性が特にない」という点だ。

Next

「十三機兵防衛圏」感想

面白いのか、自分に合っているのか、何もわからないまま。 2064年の戦いでは機兵を狂わせるプログラムを流し、甚大な被害をもたらしたと言われている。 。 いやーよかったですね十三機兵防衛圏。 この作品はザッピング的に物語が展開されるが、ザッピング無しであれば構成は至って単純で「(選択できるように見えるが)選択肢がほぼ無い一本道のアドである。 大量の敵に向けて大型ミサイル撃ってみたらトロフィーが取れてしまった絵 一番最初のプロローグあたりではこちらのパートは手抜きなのかとも思ってしまいましたが、こちらは追想編とは別になかなか面白かったです。

Next

なぜ人は「十三機兵防衛圏」をクリアすると早口で感想を語ってしまうのか(ネタバレなし)|てっけん|note

AI人格を基にクローンを構築する技術を研究しているようなので、人類に絶望してアーヴみたいな生命体を産み出してくれることを期待する。 もしも自分の家族が実はAIでしたと言われても「ほーん、なるほど」となる人が大半で「AIと付き合うなんておかしなことだ」とはなる人はあまりいないのではなかろうか。 私は物語の基盤が一瞬にして崩される展開が大好きなので、プレイ中楽しくて仕方ありませんでした。 悲しいかな。 えー、いつにも増して益のない文章でしたがどんなもんでしょう。 ただし、森村千尋=冬坂五百里である可能性、森村千尋を元に造られたコピー体が各時代に別の名前で活動している可能性と膨らみますが、正直、冬坂五百里は誰かを元に生み出された人間であるという考えです。 最初は不安だった追想編については終わってみればベタ褒めすることしか出来ないというような内容でした。

Next

PS4『十三機兵防衛圏』感想・レビュー

筆者は作品が「十三機兵防衛圏」が初めてなので「」は知らんが「」「」大好きなので概ね当たってると思われる。 ゲーム中の雰囲気づくりの上手さも相まって とても上質な紙芝居を見ているような感覚でゲームを進めていくことが出来ました。 まず、兎美は、 十郎が2024年に転送されてきた瞬間を恵と一緒に見ていた目撃者です。 4Gamer. 冬坂五百里(ふゆさか)• ではこれらのジャンルが「ゲームである必然性」を得るには何が必要なのだろうか。 ボクシングをやっていた。 逆にもし、このスケールの話をご丁寧に全部ちゃんと描こうとしていたら、恐らくかなり薄っぺらいストーリーになっていたんじゃないか(ちなみに「全部ちゃんと描く」という、別の意味で狂気的な方法で、同じくらいスケールのデカい話をやってのけたのが 「Detroit: Become Human」です)。

Next