マヤ 文明 人類 滅亡。 マヤ文明の予言!これから世界で起こる恐ろしい予言6選

2019年12月21日に人類滅亡! マヤ暦で確定、ポールシフトで大規模自然災害多発か!(2019年2月7日)|BIGLOBEニュース

今回は、世界を震撼させる可能性のある予言について彼の見解を尋ねてみた。 このテーマを広く知らしめる上で大きな影響力を持ったホゼ・アグエイアスは様々な批判にさらされたが、自身の仮説が考古学におけるマヤと関係のない旨を『マヤンファクター』の序文に記していた。 負けたチームが命を落としたとも、勝ったチームが首を切られたともいわれています。 (カン・ペチュ)• Chronicle of the Maya Kings and Queens. マヤ文明の最大の功績は、メソアメリカ独特の「暦」を集大成したことだろう。 。 はや20年。

Next

文明が滅亡する理由~複雑化 Vs 知能~

ただし、この説に否定的な論説も存在する。 ジョセフ 2007 、p. 支配地は大平洋沿岸にまでおよんだという。 「マヤ文明を知る事典」p106 青山和夫 東京堂出版 2015年11月10日初版発行• 謎だらけで推測の域を出ない状況です。 はマヤ文化の絶頂期であるといえる。 Breaking the Maya Code. 青木 1984 、pp. この説は、1960年代に、銀行経営者であったアメリカのディック・ギル氏によって唱えられた説で、その根拠として、過去の気象記録から判明した事実に着目しています。 Thames and Hudson• ところが、1438年、第9代皇帝パチャクテクが即位すると、状況は一変する。

Next

「2020年3月21日」に人類滅亡!インド暦とマヤ暦の終わりが一致!

つまり、明日起きてもおかしくない。 地球からみた太陽の通り道である黄道がいて座の銀河中心付近を通過するのは全くの偶然であるが、地球-太陽-銀河中心の順で一直線に並ぶのは毎年1回起こるので、珍しいことではない。 もし地球に小惑星が当たっていたとしたら、甚大な被害により世界が混沌に陥ったことでしょう。 人類滅亡してないー」的な事を言ってる人が結構いるけど、まだ3月20日は始まってばかり…。 2421日(3845年間に931日の閏日)としていたことになる。

Next

滅亡した謎の太古文明!あなたの知らないマヤの真実17

その前後は軍隊を持つ国や国際連盟などが世界を平和に維持する。 ASIOS 2009 、pp. これですね。 病気蔓延説 その他、大規模な都市消滅に直結する人口激減の一般的な理由として、伝染病などの「病気蔓延説」も語られていましたが、明確な根拠はなく、あまり支持されていない、とのことです。 「マヤ文明を知る事典」p237 青山和夫 東京堂出版 2015年11月10日初版発行• トウモロコシが地面に植えられて再生するように、死んだ王も復活すると考えられた。 このほか、各種のやも重要な作物であり、広く栽培された。

Next

「2020年3月20日人類滅亡説」ってマジで言ってんすか?

さて、ではいよいよ 本題に入りましょう。 イヌイットの人々は、星が見えない日でも地形を頼りに目印に自身がいる位置を把握することが出来るとの事ですが、近年では地形と星の位置が対応しなくなって来ていると言います。 結局、何も起こらず、また修正して、新たな滅亡説が出てくるんだろうなぁ。 東京オリンピック・パラリンピックを来年に控え、都内を中心に環境や設備が整えられているが、その開催が危ぶまれるような不穏な予言が世界中に広まっているのをご存知だろうか? それが 「2020年の3月20日にこの世に終わりが訪れる」というものなのだ。 全人口の9割は死滅する 文明は衰退し廃墟となる インド暦 地震による災害も厄介でしたが、それよりも厄介なのが新型コロナウイルスなのです。

Next

ノストラダムスの大予言の内容一覧!地球滅亡は3797年?

マヤ文明って、日本人がまだジャングルで原始人として生活していた時代に、正確な暦を計算した人達ですよね? 日本人が暦を持ってからまだそれ程経っていませんが、その頃には彼らはもう古代人と呼ばれるような存在になっていました。 アステカ同様、軍事的色彩が強く、ワリを第2の首都とし、アンデスを支配した。 新幹線・電車も完全に止まるかもしれません。 その後、紀元前300年頃に、都市が建設され、2世紀には、文字や暦が作られた。 学習研究社発行 ムー2010年2月号「アセンションの真実と死後の世界」• そして、250年~900年の古典期には、大規模な建造物がつくられ、マヤ文明は絶頂期をむかえる。

Next

2012年人類滅亡説

計算結果が3月20日が正しいとすると、これが2日後に来るというのでしょうか? 地球の磁力は10年で5%の割合で急激に弱まっている!! 予言と聞くと本当にそんなこと起こるの?と考えちゃいますが、科学者によりますと、ここ数十年の間に地球の磁力は10年で5%の割合で急激に弱まっていることが確認されています。 1519年、モクテスマ2世の治下、アステカ帝国の 人口は2000万人に達した。 諸説ありますが負けたチームのキャプテンは、生け贄として神に捧げられていたとされています。 のち全集収録。 このころの大勢力としては、マヤ低地北西部のウシュマル、北東部の、マヤ低地南部では西から、、カラクムル、ティカル、、そして南東部に離れたところにあるコパンなどが挙げられる。 。

Next