ポケモン 剣 ミミッキュ。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】剣盾版!トリルミミッキュ軸構築の作り方と立ち回りについての考察記事

まとめ 以上が今回S2で使ってきた個体です。 有用な変化技 つるぎのまい こうげきランクを上昇させる。 技構成としてはドヒドやを一撃粉砕するためには必須。 5倍となります。 後書きも早々ですが、書きたいことは全てかけたのでこの辺で。 速いポケモンかミミッキュに強い特性を持ったポケモン、積まれても大丈夫な物理受けだとミミッキュの対策が可能です。

Next

【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論・対策

ダルマはヒトデと連携プレイが重要。 殴り合う回数が多いのでひかりのこなで攻撃を外したり、スカーフをトリックで押し付けるのもありだ。 受け回し破壊にも使えて、アタッカーとしても普通に強いのでパーティに組み込んでおくと安定しますね。 そのためノーダメージじゃくてんほけんコンボはできない。 特にドリュウズは攻撃が高い上に、「アイアンヘッド」でミミッキュの弱点を付くことができるので、ミミッキュ対策として非常におすすめです。 特性考察 ばけのかわ バトル開始時のミミッキュは「ばけたすがた」と呼ばれるフォルム。

Next

【ポケモン剣盾】自分が使っているミミッキュの型を全部紹介する【育成論】

ばけのかわがある状態でも「こうかはないようだ……」の判定はある。 また、現環境にいるミミッキュの殆どが、剣舞珠ミミッキュなので、 鬼火は非常に効果的。 自身のぼうぎょが上がっていない状態のアーマーガアでは隣と合わせて押し切られる可能性もあるため、「てっぺき」「ダイスチル」等を積んでおくとなお安心でしょう。 おにび 素早さを活かして上から物理ポケモンを妨害できる。 ミミッキュは状況的にもじゃれつくを撃たなくてはいけない場面が多く、どうしても命中不安のリスクを背負うことになります。

Next

【ポケモン剣盾】基本型ミミッキュの対策を解説!

攻撃技が無い構成もあり 対耐久型だけ見るのであれば、じゃれつくをに変更し、耐久に努力値を回す選択肢もある。 命中不安だが無効タイプ無し。 ちなみに自分は初めての友達とのポケモンバトルでミミッキュに3タテされました。 炎技が欲しいという場面があまりなく対鋼には馬鹿力打つのでフレドラは切った。 みがわり 無 - のろいダメージ稼ぎや、状態異常技読みなどで。 トリックルームも習得でき、トリル要員としても重宝されます。 トリルエースはどのポケモンが良いの? 低速ポケモンは硬くて落とされにくい 低速ポケモンは、素早さ種族値が高いポケモンと比べて、素早さが低い代わりに攻撃力や耐久値などに種族値が割り振られています。

Next

【ポケモン剣盾】剣盾版!トリルミミッキュ軸構築の作り方と立ち回りについての考察記事

ミミッキュの強みを最大限に活かしているので、シンプルながら非常に強力です。 持ち物はいのちのたま以外もあり この型はいのちのたま型として紹介しているが、実はピントレンズやするどいツメもおすすめ。 ゴーストタイプなので、ノーマルタイプにすかされるのは注意。 コメント 14 みんなの評価 :• ダイマックスで全抜きと言えばやはり「ダイジェット」持ちポケモンが真っ先に有力候補に挙がります。 「おにび」を撃つ役は「ダイフェアリー」が痛手にならないタイプのポケモンか、ドラパルトのように確実に先手を取れるポケモンがいいでしょう。 ダイマックスの時間稼ぎにもなるが、少し扱いづらい。

Next

【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策

コメント 12 みんなの評価 :• 剣舞型ミミッキュは特定のポケモンとの相性の良さを考えて採用するということはあまりありません。 ただしミミッキュより速いポケモンでないと不可。 特性を活かした豊富な型 ミミッキュは前述のとくせいと豊富なわざによって型が読みづらいのが特徴です。 物理耐久を厚くしたヨクバリスなどで対策が可能だ。 これにより襷が使えなくなり、第7世代ほどの行動回数を得られなくなったのが、採用率を下げた要因でしょう。 但し第8世代にアイスボールは無い ころがる・アイスボールをばけのかわで受けた場合、その時の攻撃に威力増加は適用されないが攻撃回数自体はカウントされ、以降の攻撃からまた威力が増加する。

Next

ポケモン剣盾 S2使用構築 スカーフミミッキュの奇襲

ばけのかわによる行動保障で、確実に仕事を行えるのが強みです。 等に鬼火を撒かれると何もできなくなるのでからげんきを採用。 「ばけのかわ」を盾にしながら「つるぎのまい」を積み、高火力のダイマックス技で殴っていきます。 「やけど」状態になれば「つるぎのまい」を2回積まれてもこうげき上昇は約1. 目的上ウッドハンマーと選択。 今回の記事はほぼこいつの紹介のために書いているようなものなので少し長めに書かしてもらいます。

Next