時透 かわいい。 【鬼滅の刃】時透有一郎がかわいい!死亡したのは鬼のせい?声優や名言を紹介!

【鬼滅の刃】179話ネタバレ!玄弥と時透無一郎が死亡確定!マジで?

最終的には日の光によって消えていきましたが、我を忘れた無一郎くんヤバいですね。 霞の呼吸・漆ノ型「朧」 引用元:鬼滅の刃19巻 第165話 動きに大幅な緩急をつけた高速移動で相手を攪乱し、一撃をいれる霞の呼吸・漆ノ型「朧」 この技は無一郎が独自に編み出した技で、動きも読みづらく術を喰らった者は自分が霞に巻かれてるような感覚に陥ります。 関連タグ 関連記事 親記事. 霞の呼吸・伍ノ型「霞雲の海」• その最高速度は上弦の鬼である玉壺を上回ります。 兄が生きていることに安心する玄弥。 怪我がひどく、頭に包帯も巻いています。 時透有一郎の名シーン・名台詞 時透有一郎の名シーン・名台詞について、少し触れましたが他にどんなものがあるのか紹介します。

Next

時透有一郎 (ときとうゆういちろう)とは【ピクシブ百科事典】

能力 華奢な見た目とは裏腹に、柱の称号に相応しく身体は極限まで鍛えぬかれ引き締まっている。 上弦の鬼との戦いの中で、ふと記憶が甦った無一郎くん… そこには炭治郎と同じように赫い瞳を持つ父親の顔がありました。 兄の有一郎と2人で生活していると、夏のある晩、その夜はとても暑くて戸を開けたままにして寝ていました。 時透有一郎と無一郎 両親と同じく『無一郎の無』で、時透有一郎と霞柱である時透無一郎が双子である事実が明かされています。 皮肉なことにある時あまねに水を浴びせて追い返した時に喧嘩したのが時透兄弟の最後の会話である。

Next

【鬼滅の刃】時透無一郎のイラストがかわいい!死亡シーンが泣ける【鬼滅の刃】

「上弦のは柱3人分の強さ」と作中で言われているが、時透は一人で玉壺を倒しているあたり柱の中でも上位の強さを持ち合わせていると思われる。 有一郎は今わの際で 「どうか弟だけは助けてください 弟は俺と違う心の優しい子です 人の役に立ちたいというのを俺が邪魔した」と弟の無事と安寧を神仏に祈り、 「無一郎の無は無限の無」という言葉を残し逝った。 「」でも上位にランクインさせていますが、柱の中でも上位の強さのキャラだと思います。 兄は無一郎と瓜二つの外見をしていたが性格は正反対で、言葉がきつく冷酷だった。 いささか過激な一面こそあるものの、無辜の民を守る鬼殺隊としての使命感・正義感は強く、 鬼の攻撃から非戦闘員を庇う際には躊躇いなく自身を盾にするなど、幼いながらも鬼殺隊の柱として相応しい人物。

Next

【鬼滅の刃】179話ネタバレ!玄弥と時透無一郎が死亡確定!マジで?

「誰かのために何かしてもろくなことにならない」 という時透有一郎と 「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる」 という無一郎。 その姿を見た兄の有一郎は「本当に母さんと父さんにそっくりだな」と言われます(まあ有一郎は激怒している場面ですが…) 兄のことを忘れたくなかったから…? 次に有一郎。 そして、運命の日…突然の鬼の襲来です。 玉壺が仕込んだ攻撃の毒も、この技の前に無一郎に届くことなく弾き飛ばされました。 タコ足の包囲網を霞のごとく隙間くぐり抜けながらの 斬撃なので回避性能にも長けていそうです。 わかっているが、無一郎には死なないでほしかった、無一郎だけにはと兄は無一郎を抱きしめます。

Next

【鬼滅の刃】時透無一郎についてまとめてみた【最年少の柱】|サブかる

時透無一郎が死亡 悲鳴嶼は、時透の側へ行き、お前たちのお蔭で勝てたと感謝と尊敬をします。 「神様 仏様 どうか弟だけは助けてください。 さすが、始まりの呼吸である「日の呼吸」の子孫ですね。 そんな彼もお館様であるの前では、他の「柱」同様に礼節を尽くしており、と一悶着起こして退席しようとしない炭治郎には、「お館様のお話を遮ったら駄目」と指弾術らしき技で玉砂利を浴びせて追い払った。 それに対し、兄の有一郎は口が悪く、死んだ父や母の悪口を言います。 兄が自分を守ろうとしたように、自分も兄を守りたかった、同じ気持ちだった、兄弟だからと玄弥は言います。

Next

時透無一郎の覚醒の謎/あの小悪魔的な性格はどこからきたの?

自分はいいから時透さんの手当をと玄弥は言います。 時透有一郎の父親は杣人 そまびと で、木を切る仕事をしていましたが、風邪をこじらせ肺炎になった妻のため、嵐の中薬草を採りに出かけた際に崖から落ちて亡くなります。 11歳にして両親を失ってしまった無一郎は、その後唯一残った肉親である 双子の兄・とともに暮らすことになった。 布団に寝ている無一郎に対し、お館様がこめかみを指しながらこう言いました。 実はこの言葉は無一郎にとって特別な言葉だったのです。 なぜ日の呼吸じゃないんだ!?と、子孫だと知った時は「???」状態でしたが、彼の過去を知る事で答えが見えてきます。

Next