天上 ウテナ。 天上ウテナ

少女革命ウテナ

net 2020. 主要キャスト• 漫画版では香苗の役割を兼任。 青い髪に青い瞳。 黒薔薇会の一件(第17話より)で再転入後、かつてのような樹璃との交友関係を取り戻そうと接近し拒絶されるが、御影の策略によって樹璃の自分への愛を知り、精神的優位に立てると喜びながらも受け入れることができないことに悩む。 それを象徴するように学園内で最も高い場所に理事長室(プラネタリウムの部屋)を置いている。 この剣はエンゲージした者のみがアンシーの心から取り出すことができる(作中の映像ではアンシーの胸から生えてくる剣をエンゲージしたデュエリストが引き抜いている)。 石蕗美蔓: なことがきっかけで七実の下になった小等部4年の。 彼女の元の人格である「柩の中の少女」も同じような被害に合ったのではないだろうか。

Next

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録

草時はウテナと決闘するまでこのことを忘れており、火を放ったのは、時子と暁生の関係を知り「永遠」に興味を失った自分の背中を押そうとした馬宮だと思い込んでいた。 「」の裏で何やらいろいろ動いており、実は…。 体重:46kg• 何かにつけて子供扱いされるのが不満で、早く彼女とつりあうだけの大人になりたいと熱望していた。 彼女はアンシーを自分から切り離し魔女化することで、後の明るく無邪気なウテナになれたのだ。 構成・編集:小黒祐一郎 アニメ研究本• 物語内でウテナが実は「王女=女性」としての属性を持っていることが重要視されている。 小学校のときの同級生でもある若葉からは「玉ねぎ王子」と呼ばれる。

Next

少女革命ウテナの登場人物

決闘の際机の上に置かれていた物はミルクセーキだったが、決闘の途中にアンシーがいくつか飲んでしまった。 プロフィール• 紫色の髪に緑色の瞳・褐色の肌という容貌で、額にのような赤い印がある。 物語終盤で幹同様決闘に不信感を抱くようになり、決闘から手を引く決意をした。 何がそれほど、彼女を絶望させているのか。 星座:双子座• 新しく生まれた天上ウテナは、自分のトラウマをアンシーに押しつけ生き延びることを良しとせず、彼女を守り共に生きようとする。 (名義で参加)、(山十五名義で参加)、、、、宣之(たちのぶ名義)、などが居る。

Next

少女革命ウテナ

STAFF 封切日 1999年8月14日 上映時間 87分 - プロジェクト ・・ ポータル ・・ 『 少女革命ウテナ』(しょうじょかくめいウテナ)は、制作の作品。 だがその後、傷つきながらも薔薇の門=自分が閉じこもっていた「棺」を開いて自分を助けようとしているウテナの姿を目の当たりにし、結果的に彼女によって意識革命を起こされる。 cgi? 生前中は皆様に多大な応援を頂き心から感謝申し上げます。 比較的常識を持ち、かつ行動力・柔軟性を持つため、他のキャラを若干喰い気味である。 少女革命ウテナ L'Apocalypse:3 (1999年3月1日発売) KIBA-17• 美術監督 -• 高等部一年。 制作:ポリゴンマジック• 周囲の人間の考え方が変わらない? いいじゃないですか。

Next

天上ウテナ

「闇のディオス(後の鳳暁生)」と対立するも彼に敗れ、ディオスの剣に姿を変えてアンシーの中に宿った。 2012年に発表された第6回声優アワードでは「表彰すべき特別な活動」として特別賞が贈られました。 劇場版には牛のナナミが登場するシーンに僅かに登場するだけで、本編に関わる事は無かった。 更に物語後半では暁生の過去の姿であるディオス(王子様)の妹であったことが判明する。 版ではによっては彼にのにされてしまう(はちょうど編直前なので、試験的にという名ではあるが)。 「」 (25話-38話)(作詞・作曲 - J. 血液型:B型• 天上の城=現実(世界) ディオスの力=現実を生きるための力 薔薇の門=トラウマを隠した深層意識の入り口 考察を基に組みなおした物語 「柩の中の少女(以下柩ウテナ)」は、父親から性的虐待を受けたことで心を閉ざし、生きる意欲を失った。

Next

【アニメ考察】「少女革命ウテナ」を全力で謎解きする。

鮮烈にして美麗、気高いキャラクターたちとそれに命を吹き込む実力派声優が数多く登場するなかで、川上さんの凛とした声は主役としてウテナの存在を際立たせるだけの強烈な力を持っていたのです。 だが、版は、ととの関係性から「」とられることが多いが、 「女同士の」を正面から描いたでもある。 姫宮アンシー:• 「かしらかしら、ご存じかしら?」という出だしのが有名だが、実際はほとんどいうことはない。 幾原監督は理詰めでなくイメージを重視した指示を出し、例えばアーチを描くにしてもその先にあるはずの建物などを描かせず、向こう側に真っ白な空を描かせたという。 劇場版ではTV版同様決闘者ではあったが、ウテナと決闘をすることは無かった。

Next