善逸 かいがく。 獪岳 (かいがく)とは【ピクシブ百科事典】

善逸の兄弟子、獪岳(かいがく)の過去!岩柱との知られざる因縁とは?│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

もし獪岳がじいちゃんを食べたのが 本当だとすると善逸が獪岳に対して 激しい怒りを向けているのも分かります。 性格・体質 ・強さに対する飽くなき探求心と、死に対する恐怖心とが同居しており、その事が「敗けて死ぬぐらいであれば、敵に命乞いをしてでも生き延びる」という生存戦略を採らせるに至る。 善逸の師匠、善逸呼ぶところの「じいちゃん」は、善逸と獪岳のふたりを後継者とし、ふたりでともに雷の呼吸を伝えて行ってほしい、と考えていました。 ただこれらの行為をそう断じるのは簡単だが、どちらのケースも 極限状態に追い詰められた故の行動である事を考慮しなくてはならない(所謂)。 そして善逸が獪岳の首を斬るシーン 自分にとって 大切な存在だった兄弟子の首を切らなければならない善逸 「ごめん兄貴」 これにはさすがに涙腺緩んじゃいます、、 善逸は自分だけの新しい技 「漆ノ型 」 で兄弟子の首を斬った。 鬼化したことで精神の歪みが加速したのか、善逸が伝えた弟子に鬼を出した不始末の償いとして自害を選んだ慈悟郎のことも侮辱する。 大好きなじいちゃんを、切腹に追い込んだ彼に言い返しました。

Next

『鬼滅の刃』単行本17巻あらすじネタバレ!善逸vs獪岳 (かいがく)、義勇・炭治郎vsアカザ 壮絶な戦闘の行方は

彼は前任の"上弦の陸"の妓夫太郎と堕姫の兄妹同様、 環境によって悪に染まってしまったタイプと言える(少なくとも、のの様に生まれついての悪ではない)。 目の見えない行冥は、一人だけ残った子供を助ける為に、死に物狂いで鬼を倒し、事なきを得るのでした。 鬼滅の刃:我妻善逸(ぜんいつ)の兄弟子の名前は獪岳(かいがく) 善逸(ぜんいつ)の兄弟子の名前は獪岳(かいがく)。 切腹は、首を誰かに切ってもらわないとなかなか死ねないそうですが、元柱は首を切ってもらうことなく長時間苦しみながら死にました。 【ワンピース】• Sponsored Link 【獪岳(かいがく)の最期】 鬼たちの本陣で無限城で善逸と鬼になった獪岳が再開します。

Next

鬼滅の刃で我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)が因縁の相手となったのはなぜ?|鬼滅の刃.info

彼の性格上、自分が一番に認められなければ気が済まなかったようです。 自分は愛されていないと感じている子供は、しばしば身近な人に対して、試し行動をします。 獪岳は壱ノ型だけ使えない 獪岳は雷の呼吸の型を戦いに用いますが、「弐ノ型 稲魂」「参ノ型 聚蚊成雷」「肆ノ型 遠雷」「伍ノ型 熱界雷」「陸ノ型 電轟雷轟」の弐から陸ノ型まで使うことしかできず、 「壱ノ型 霹靂一閃」だけは使えません。 しかし、ある夜に、鬼除けの藤の香を焚いていたにも関わらず、鬼が押し寄せ、その場で子供たちを亡き者にされてしまいます。 おいおい・・・何があったんですかい? どうやら因縁の相手がいるようなのです。 元柱が死んで清々している。

Next

善逸の兄弟子、獪岳(かいがく)の過去!岩柱との知られざる因縁とは?│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

その理由としては、出来の悪い善逸にも、自分に対しても平等にしようとする師匠が許せなかったようです。 「寺のお金を盗む」という試し行動をした獪岳を、周りの子供たちは責め、追い出してしまいます。 しかも上弦の陸です。 とまで話しました。 かつて、悲鳴嶼が多くの孤児と共に住んでいた頃の話で『ある子供が、いいつけを破って夜に出歩いていた時に鬼と遭遇し、自分一人が助かるために鬼に他の子供を売った』という事件が起こった。 その結果、人を貪る鬼へと変貌してしまった。 鬼殺隊を裏切り、鬼になる そんな彼の裏切り行為として、 「鬼殺隊を裏切って自身が鬼となり、鬼側の仲間となる」というものがあります。

Next

獪岳 (かいがく)とは【ピクシブ百科事典】

そんなある夜、言いつけを守らず日が暮れても寺に戻らない少年がいました。 その場にいた誰もが、この「あの人」というのが、その場にいる行冥であると確信し、行冥は無実の罪で投獄され、処刑される事になります。 最期 そして、無惨の本拠である無限城にて善逸と対峙することとなる。 さすがに実力のない者を、上弦には無惨もしないでしょう。 でずが、善逸が使えるのは雷の呼吸・壱ノ型だけ、そして獪岳は壱ノ型以外しか使えません。

Next

鬼滅の刃 善逸 vs 獪岳 (かいがく) かっこいい 感動 名シーン

そうした結果、『鬼殺の剣士が鬼になる』という禁忌を犯し、師匠を切腹へ追い込んだ…ということです。 尊敬していた兄弟子に心の中でわかれを告げ、刀を抜く。 」 獪岳 「知ったこっちゃねぇよ 」 と善逸と獪岳が共同で雷の呼吸の後継になったことを自分が評価されていないと 「テメェのみたいなカスと共同で後継だと抜かしやがったクソ爺だ」 大好きな爺ちゃんをここまで言われた善逸 「俺がカスならアンタはクズだ」 「壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ 」 「後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ」 これが善逸本音かは分かりませんがこの後戦いは始まりました。 しかし、自分より立場や実力が強い人に対しては、下手に出たり、媚びへつらったりするなど、人によっては態度を変えるような節もあります。 こうして 上弦の陸・獪岳が出来上がるのです。 十二鬼月において最上級の位を務める絶対的強者を前に、獪岳は戦おうともせずに、土下座をして命乞いでその場を切り抜けようとします。 獪岳は思い言います。

Next