デュエマ イエスマン。 ザキラ (ざきら)とは【ピクシブ百科事典】

デュエル・マスターズ クロス

クロニクル・レガシー・デッキ 『クロニクル』構築済みデッキとしては3作目。 通常デュエマでは、クリーチャーはバトルゾーンに出したターンに攻撃をすることができない 召喚酔い。 かつて白凰の『白い騎士団』にいた牛次郎は過去の恨みを募らせていたのだった。 ミミとは別の意味で驚異的な運動力を持ち、海の上を走り、海の上を連続でジャンプすることができ、乗り物で海を渡るのもイカダやタライを使う。 巨乳であり、特にアニメでは顕著である。 今だに気づかない勝舞。 ミノマル 声 - 自然文明ガイアハザード四天王の一人。

Next

Vol.47 戦国編の秘密が丸わかり!DMデッキ開発部血風録!!

アニメ『キング』ではジョーと同学年という設定に改変された。 奇形体で、自分の分身を相手に埋め込むことでその生物を自分の意のままに操る。 原作でNACと面識がないのに対しマッキーと知り合い。 闇眼という相手のデッキの次のカードが分かる常人外れな目を持つ(本人が言うには、故郷は光一つ無く そこで生きていく力として必要だったらしい)。 原作リスペクトならストーム・クロウラーを入れるべきなのでしょうが、何回かデッキを回したところイマイチ噛み合わず。

Next

安くて強いデッキにアレンジ!「青白黒オールイエス・ビートダウン」

三国はかつて神殿で、白凰のデュエマ相手として、ミミとともに腕を磨き合った男だ。 さらに、洗脳が解けた白凰の裏切りに遭うも、それを乗り越え、再び世界大会の出場者の全員抹殺を図るが、怒りに覚醒した切札勝舞がまたしても立ちはだかる。 第29話「海上のピラミッド」島で出会ったバケツマンとともにザキラのもとに向かう勝舞たち。 ホワイトに倒され体は死に、魂も死にかけるが、黒城に救われる。 他のデッキが4~5ターン目にはフィニッシュの構えを見せている中、こちらはマナを加速する事もなく地道にクリーチャーを並べつつパワーを上げたりブロッカー化させたり・・・とかなり地味で、正直3~4年前の環境で遊んでいるような、そんな時代遅れ感が否めない、そんなデッキでした。

Next

デュエルマスターズのイエスマンのデッキを教えて下さい。

残るイスは二つ。 そこにイエスマン&キサナドゥが現れる! 勝舞の戦いに戸惑う心を見抜いたジュラは代わりにデュエルで迎え撃とうとするが…?• やっぱりサバイバーが新しく登場するというだけでかなりテンションが上がりましたし、サバイバーの特性上強くすると強くなりすぎてしまうんだろうと思うので、これぐらいがちょうど良かったのかな、と思うのも確かです。 いつになったら「U」は登場すんだろ -- 名無しさん 2014-07-17 19:28:09• 勝太の頭(髪の毛に埋もれている)や肩の上が定位置でいつも勝太のそばを離れないでいる。 ただ、どんなに辛くても、オレはデュエマが好きだ…その気持ちだけは変わらなかった…」 ジョージの言葉に何かを感じたれく太は、毎日の精神修行に励むのだった。 それに加えて、せっかくサバイバーなのに闇文明が採用されていないのはちょっと解せないですよね。 アニメでは、好きなことが止まらなくなって暴れだす現象、いわゆる「ワガママモード」を引き起こした張本人であり、みんなが抑えつけられた欲望を自由にするため5年2組の生徒のほとんどがレオの催眠術により毎回騒動を起こし、それを勝太のせいにして人気者になろうとしていたが、後にヤラシに騙されたことに気づきみんなに謝罪する。 当初は勝太達より1学年上だったが『VSR』ではスタッフの思い付きにより同級生となった。

Next

イエスマンとキサナドゥ

ゲドーに連れ去られて洗脳され「ホワイト(W)」となり、母親や勝舞達に敵対感を持つ。 第88話「恐怖」超絶神ゼンがバトルゾーンに出たことで、龍牙はピンチに追い込まれてしまう。 そしてその夜、勝舞たちは食堂で魔女のイメルダ、食いしん坊なヘンドリクスと一騒動を起こす。 それでも諦めず、活路を見いだそうとする。 なんと海上ピラミッドをそのまま海面に沈めてバベル共々バケツマンを沈めようとしたのだ! 窮地の中、バケツマンとバベルはデュエルを休止して脱出しようとするが…!? 原作でのその後の去就は不明。

Next

優勝デッキレシピ 白黒至宝 オール・イエス|デネブログ デュエマの速報・環境

ほとんどは火単体あるいは火・自然デッキ。 初期の頃は目の色は黄色だったが、途中から青目に変わっている。 漫画版では冷酷で残忍なキャラとなっており、勝太達に危害を加えることもある。 洞窟の中で黒城の執念を疑問に思う勝舞だったが、黒城は過去にザキラとの深い因縁があった…。 第75話「牛次郎、現る」激戦を終えた勝舞たちは、大会主催者が用意した夕食会に招かれ、大盛り上がり。

Next

【デッキ】イエスマンデッキ

ケングレンオーを進化させ勝ちを狙う。 当初は「ゴブリン」と呼ばれるのを嫌っていたが、本名として定着し、伍大翔達が神殿に来た時は「念仏エルフィン」と言われ、自分で「ゴブリン」と名乗っている。 傷ついた白凰。 デュエルマスターの証の奪取を失敗したザキラをデュエルで葬ろうとするが返り討ちに遭う。 第29話「海上のピラミッド」島で出会ったバケツマンとともにザキラのもとに向かう勝舞たち。 ガルドメンバー集合の時はおしおき室にいた。 元々は体が弱く、強い体を手に入れるため人間界に来てカードとなったエイリアンと契約。

Next

「華憐妖精ミンメイ」が最強だった話

「ラブ&ピース」が信条で平和を愛し何事も「平和的」を心がけているがそれは建前に過ぎず、時として周囲の被害を顧みず所かまわずバズーカ砲をぶっ放している危険な男。 二人は引き離された。 切り札• 大会中、白凰を殺された怒りからザキラと再び激突。 アイルランド沖の要塞島にガルドと住んでおり、ザキラの師匠でもある。 なお、勝太のVモードをばんそうこうで封印したのは彼である。 《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》がボルコンらしい性能をしていつつも、汎用的で5Cジャクポなどで活躍させやすい性能だったので、その辺りはかなり嬉しかったですね。

Next