もっと 敬語。 【敬語】将来の展望ということで学校に提出するのですが下の文での(もっとも...

【敬語】将来の展望ということで学校に提出するのですが下の文での(もっとも...

以下の文を敬語で表現していただけないでしょうか? 「大変申し訳ないのですが、〇〇様には、思い込みが激しいところがありまして、正直、当惑しております次第です。 ただ、ビジネスにおいては「もっと」を表現する時は前後の意味を捉えながら、その前後の言葉の意味に対応した言葉で言い換えるので、敬語での「もっと」はそのように使用するのが最適になります。 陳謝する場合、具体的な理由を付け加えることがポイントです。 「よろしければ、お納め下さい」と、言って渡すと丁寧です。 ちょっとややこしい話になるので一覧にして紹介しますが、「もっと」と言う言葉の敬語を使う場で使用する場合、その意味で下記の一覧のように言い換えをするのが基本になります。

Next

英語での敬語表現!「教えてください」など依頼する場合の英語表現を紹介します。

これは誤った敬語ですか。 」と言わなくてはならない場面が多いです。 わざわざ食べ物についての説明なのに「食べられます」と言うこと自体、洗練されてない言い方のように感じました。 (ただし推量の「でしょう」は例... 」 「とんでもございません。 これもビジネスシーンにふさわしい表現です。

Next

「なるべく早く」は失礼?上司に使うべき適切な敬語表現

「ごもっとも」の敬語での使い方 「ごもっとも」という表現がすでに敬語表現として認められ、現代のビジネスシーンにおいても、実にさまざまな場面でこの「ごもっとも」という言葉が使い分けられています。 今回あなたが書こうとしているのはあなたが考えるあなた自身の展望です。 A ベストアンサー こんにちは、No. 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 A ベストアンサー はじめまして。 宜しくお願いします。 同じ仕事をしているのに敬語をしっかりと話せるか、話せないかで変わってくるものです。

Next

【敬語】丁寧語・謙譲語・尊敬語の一覧表

5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 。 とはいえ、この言葉が必ずしも悪い言葉というわけではありませんので、「じゃあ使わないようにしよう」等と思わないようにしてくださいね。 他にも 「おはようございます」を「おは」など言葉を短縮したり、「なんか」「多分」などもNGです。 自分では当たり前に使っていてもビジネスの場では適切ではない若者言葉が何なのかを知ることができます。 今回のコラムでは5000人もの学生と向き合い、正しい言葉遣いや敬語を伝授してきたキャリchが「就活でよく使う正しい言葉遣い・敬語」をピックアップしてご紹介しています。 メールでの使い方 「ごもっとも」という表現は会話表現ではよく使われますが、特にビジネスメールなど、公式の文書においてはあまり使われません。

Next

「敬語」最新質問一覧

A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし、よくドラマなどで「ごもっとも、ごもっとも」と少し相手を馬鹿にした態度を見せるシーンであったり、小説や漫画などでも「ごもっともなんですが、それはこの場合では考えが足りないのではないですか」などのマイナス的なイメージが先行してしまうこともあり、いつでも「好印象を受けられる言葉」として定着するとは限りません。 」と返す 2 「お手数をお掛けしますが」という「お」が2連続する言い回し 3 相手の方から頂いたメールに対して、こちらからの返信の文章量が圧倒的に少ない 4 質問への返答に対し「~とのことで嬉しいです」または「~とのことで安心しました」(何かをしてほしいわけではないので「幸いです」も違う気がしています) 5 「残念ながら~です」と言う返答に対し「~は残念ですが、致し方ありません。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 「もっと」のビジネスでの使い方 では、ビジネスでは「もっと」と言う言葉はどのように使用したらいいのでしょうか。 日本の英語教育がやっぱり変だったと思う。

Next

「もっと」の敬語表現・もっとの使い方と例文・別の敬語表現例

> 1 「在庫確認に時間がかかりますが、よろしいでしょうか?」 「在庫確認の件、承知致しました。 ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます• 「あなたの言われることはまったくごもっともです。 こういった細やかな部分にも目を向ける事でより「できるビジネスマン」へと近づくことができます。 歯科医院側も、業者さんに対して尊敬語を使います。 「その会議内容については本当にごもっともな見解です。

Next