菊の紋ニュース。 菊花紋章

菊以来サトノルークス武豊背に鋭く伸びる/鳴尾記念|極ウマ・プレミアム

高潔な美しさがに似ているとされ、、、と共にとされた。 関心のテーマ: 保守論壇、皇室、宗教、精神世界、韓国語読めます。 現在、経営の傍らフリーの記者として「菊ノ紋ニュース」などニュースサイト、および女性週刊誌に皇室関連記事を寄稿。 河野圭司編『』文林堂、1892年• アークシステム編 『自由に使える家紋大図鑑』 グラフィック社、• 同布告は、親王家の菊花紋として十六葉の使用を禁止し、十四葉・十五葉以下あるいは裏菊などに替えることを定めた。 菊ノ紋ニュースにて海外王室記事(主に編集部記事)を中心に担当しているが、「」の編集長も兼任。

Next

運営者、執筆者情報|菊ノ紋ニュース

『文藝春秋』や『創』『週刊現代』BuzzFeedなどに記事を寄稿。 菊御紋章取締ニ関スル件(明治37年8月9日訓第507号)• 新藤 幸人 略歴:元週刊誌記者、皇室関連記事担当。 その後、・・が自らの印として継承し、慣例のうちに菊花紋、ことに32弁の八重菊紋である 十六葉八重表菊がの紋として定着した。 紀子さまは、叩かれっぱなし、悠仁さまも異常であるかの様に書かれることさえあります。 皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)第12条「天皇太皇太后皇太后皇后皇太子皇太子妃皇太孫皇太孫妃ノ紋章ハ十六葉八重表菊形トシ(後略)」• にはにより厳しく使用が制限されたとは対照的に、菊花紋の使用は自由とされたため一般庶民にも浸透し、菊花の図案を用いたやなどの飾り金具が作られるなど各地に広まった。

Next

運営者、執筆者情報|菊ノ紋ニュース

図案 [ ] 菊花紋は古くから、・の、店舗のなどとして豊富な種類が図案化され、変種も多い。 とりわけ・関係の紋には、詳しく花弁の数に弁や葉(十六弁( )・十六葉())などの単位がつけられることがある。 しかし、慣例的に天皇・皇室の紋章として、またはに準じる紋章として、菊花紋章が用いられ続けている。 立場:ノンポリです。 立場:皇統は男系で繋ぐべきと考える男系派。 そのために、恥も外聞も無く捏造を垂れ流しています。 他編 『古語辞典』• 国際的にも、十六八重表菊は、第6条の3 に基づいて、1967年に同条約の同盟国に通知されており 、これらの国では商標登録をすることができない。

Next

菊花紋章

宮家の紋章 [ ]• 皇位継承順位を変更させるのは絶対反対。 (1868年4月20日)の「菊御紋並禁裏御用等ノ文字濫用禁止ノ件」(明治元年太政官布告第195号)で、・・貢物などに菊紋を描くことを禁止し、2年()の「社寺菊御紋濫用禁止ノ件」(明治2年太政官布告第803号)で、で使用されていた菊紋も、一部の社寺 を除き一切の使用が禁止された。 意図はかなり明瞭で、究極の目的は、皇室解体ではないかと思います。 皇族ノ外菊御紋禁止ノ件(明治4年6月17日太政官布告第285号)• これらの小銃を部外に払い下げる場合には、菊花紋章を削り取る、または丸印等の刻印を重ねて打って潰す措置が行われた。 「十六弁菊(十六葉一重表菊)はの紋で、三十二弁菊(十六葉八重表菊)は(および現・)の紋である」との説明も見かけるが根拠不明である。

Next

菊以来サトノルークス武豊背に鋭く伸びる/鳴尾記念|極ウマ・プレミアム

特に銃は雑な扱いをしようものなら懲罰や私刑が待っている事もあったほど丁寧にされた。 皇室儀制令(大正15年皇室令第7号)第13条「親王親王妃内親王王王妃女王ノ紋章ハ十四葉一重裏菊形トシ(後略)」• 菊御紋章ヲ売品ニ画ク者禁止方(明治13年4月5日宮内省達乙第2号)• においても、幕府や諸藩が明治政府へ環納した小銃に種々様々な紋所や刻印が刻まれていたのを、菊花紋章に改刻して統一したのを端緒に、以降のすべての国産軍用に刻印されていた。 ただ、社寺以外の団体や個人による菊花紋章の使用は、引き続き厳しく制限された。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 日本のの玄関には、戦前から引き続き、菊花紋章のが飾られている。

Next

菊以来サトノルークス武豊背に鋭く伸びる/鳴尾記念|極ウマ・プレミアム

運営者情報 運営者: 菊ノ紋ニュース事務局 編集長: 佐々木康子 サイト運営(記事配信)者所在地: 〒107-0062 東京都 港区 南青山二丁目2番15号 ウィン青山 12階 Media Innovation LLC. 明治流行歌史。 そして、ありもしない女系天皇を既成事実化して、やがては皇室解体、日本の国体解体を目論んでいます。 「菊ノ紋ニュース」の二代目編集長を務めたのち、姉妹サイト「皇室ななめ読み!」の二代目編集長に就任。 本人曰く「私は男系維持優先派であり、女系天皇絶対反対派ではない」。 - (2019年1月1日アーカイブ分)(大正15年皇室令第 7号)、中野文庫. やは狭義の軍艦ではないとされたので菊花紋章は付けられなかった。 他にも(4年)に誕生した誕生の際に製作された『伏見小唄』の歌詞で使用。 関連項目 [ ]• 皇位継承順位を変更させることにはより慎重な議論が必要。

Next