西日本 新聞 郵便 局。 郵便局内告発にパワハラ 局長7人が統括役ら提訴 福岡地裁|【西日本新聞ニュース】

コロナで減収装い給付金申請? 不正営業で自粛…日本郵便が注意喚起|【西日本新聞ニュース】

滑りが良くて締めやすく、形も整えやすいという。 乗り換え契約の際、旧保険の解約をわざと半年以上遅らせることで新規契約を装う手口。 原告7人のうち2人は「うつ状態」「抑うつ状態」と病院で診断され、別の1人は連絡会の役職を降格させられた。 日本郵便が仕分けの効率化のため、広域の郵便物をいったん四日市西郵便局に集約し、消印を押しているからだ。 原告側は「局長の実質的な人事権は局長会が握っている。

Next

郵便局内告発にパワハラ 局長7人が統括役ら提訴 福岡地裁|【西日本新聞ニュース】

かんぽ不正問題は経営問題の枠を超え、各方面に影響を与えた。 郵便局カタログ販売センターTEL0120・612・735. 18年に複数の局員から、息子が現金確認の検査を怠っていたとする社内規定違反に関する情報提供があり、原告は本社の内部通報窓口に実名で通報した。 「客にうそを言って二重払いさせたんだろ」。 全国津々浦々に張り巡らされたネットワークの強みを生かして、例えば、過疎地の自治体業務を代行することも期待できる。 当初、日本郵政グループの反応は鈍かった。 歴代の経営陣は政府の意向を実現するため、現場に過剰なノルマ主義を導入して収益を上げようとしたが、ここに大きな落とし穴があった。 昨年7月以降は営業自粛で仕事はなく、新型コロナの影響もあって自宅待機が続く。

Next

コロナで減収装い給付金申請? 不正営業で自粛…日本郵便が注意喚起|【西日本新聞ニュース】

多数契約については先行的に調査が進められ、5月末時点で局員77人の法令違反を確認。 最初の報道が出た直後の6月25日の記者会見で、長門社長は法令違反を否定。 みまもりサービスは月額2500円(税抜き)で、局員が月1回、見守り対象者の自宅を訪れ、近況をまとめた報告書を家族にメールで送る仕組み。 企画から半年ほどで完成した試作品は、上質でつやのある風合いに。 不正の疑いがある保険契約は18万件超に上り、全契約3,000万件の調査と営業自粛に追い込まれた。 特定事案は、いずれも乗り換えに関する契約。 顧客宅に足しげく通い、ニーズに合った商品を提案しようと日々努めてきた。

Next

[B! あとで読む] 郵便局内告発にパワハラ 局長7人が統括役ら提訴 福岡地裁|【西日本新聞ニュース】

「目先の数字ばかりを追いかけ、会社全体が狂っていた。 その後、郵便局によるかんぽ生命商品の営業自粛も決めた。 75人の保険営業資格を剥奪し、2人を厳重注意とした。 デザインは、ギャラリー湯の山みちの筒井俊雄館長(91)が所有する型紙を基にした。 少しずつ認知されてきた実感があり、うれしい」と話す。 原告は、いずれも直方市や同県飯塚市など5市7町の郵便局でつくる「筑前東部地区連絡会」に所属。 日本郵政の大株主である政府には郵政グループの上場を急がせ、上場後は株を高く売却して財源を確保したいという思惑があった。

Next

三重)松阪などの消印が「四日市西」に統合:朝日新聞デジタル

売却益は東日本大震災の復興財源に充当されることになっており、震災復興が遅れることになりかねない。 だが18年、原告に複数の社員から「(息子が)内規に反し、必要な現金確認の検査を怠っている」と報告があり、原告は日本郵便本社の内部通報窓口に通報した。 長年にわたって詐欺まがいの不正契約を繰り返してきた営業現場の実態が明らかになり、いまだに営業再開の見通しは立っていない。 は、いずれもや同県など5市7町のでつくる「連絡会」に。 副統括局長2人も、原告に団体の役職を辞するよう求めたという。 1人が降格させられ、2人はうつ状態となり、辞任届を提出せざるを得ない状況に追い込まれたという。 (宮崎拓朗). 10月30日まで、全国の郵便局窓口で購入手続きができる。

Next

「絶対につぶす」 郵便局長会背景に脅迫? 内部通報者パワハラ訴訟|【西日本新聞ニュース】

勤務先に原告の1人を呼び出して「絶対(通報した局長を)つぶす」などと脅した。 関与した局員やその上司の処分は今後行われるという。 柄は「花扇」など4種で、色の組み合わせで9種類から選べる。 三木緑ケ丘郵便局の藤本晃史局長(49)は「締め心地も良い。 このため、例えば熊野市内から…. 半年以上にわたって保険料を二重払いさせるなど悪質な契約実態が連日報道される中で、対応が後手に回ってばかりの日本郵政に業を煮やしていた。 自腹契約が多数発覚し、同社は適正な販売を呼び掛けていた。

Next

「内部通報者を絶対つぶす」郵便局長らパワハラ被害訴え:朝日新聞デジタル

「加入するメリットがほとんどなくなり、通常の営業方法では契約を取るのが難しくなった」 一方、会社は営業ノルマを年々引き上げていく。 郵政グループは調査をほぼ終えており、約4万2千人の顧客に保険料を返還するなど被害回復措置を取った。 「不正契約を繰り返すうちに、良心がまひしていった。 顧客をだます契約を繰り返していくうちに、罪悪感は次第に薄れていった。 報道で不正販売の実態が報じられても、管理部門の幹部たちは「リークした奴(やつ)は絶対に見つけ出す」と口止めに走った。 男性は後悔の念を語った。 昨年7月末の2万3733件から38%減り、今月23日時点で1万4525件だった。

Next