五等分の花嫁 114。 『五等分の花嫁』117話

『五等分の花嫁』114話 感想:振り返る思い出と繋がった気持ち!中野四葉と上杉風太郎のこれからに祝福を!

正確にはちょっと違いました。 上杉風太郎に恋心を伝え続けてきた姉妹たちのことを思って。 ぼくの記事が他のサイトの内容に「似たようなサイト」になることなんて 有り得ないから。 当然発表タイミング的に「ファースト(第一発表者)」となる。 しかし5人の意見が合わないのは承知のことですよね。 を乗り越え、想いをぶつけ合った先に待ち受ける 「雪解け」。

Next

【五等分の花嫁】114話感想&考察|おめでとう!そして、ねぎ先生ありがとう!!

でも、自分が本気で求めても届かなかったものを手にしておきながら、未だ「選択」に悩んでいるちゃんの姿を "受け身"と評したくなる二乃の心情自体はまぁ理解ができますよね。 今回はその流れを受けて二乃とちゃんによる再びの「対面」がポイントとして展開されていたわけですが、一方で、そんな気まずい状況に思い悩みながらも 「モヤモヤして胸が張り裂けそうなのです」と語る五月の姿にも焦点が当てられていました。 人から頼まれると断れなくて,目標を見つけ出したらいつも全力投球で...。 クラスメイトと上手く馴染めなかった自分を学級長に推薦し、勉強だけだったこれまでの学校生活を変える最初のキッカケを与えてくれた恩人である彼女に。 「私は... 今、この場において大切なものは「みんな」の存在ではなく、「中野」自身の答えなのですから。 一花「それはそれで別の悩みがあったろうね」 三玖「二乃がいじめたり」 二乃「あーら五つ子でよかったわね」 こんな何気ないやり取りから、五月が核心を突いた言葉を伝えます。

Next

『五等分の花嫁』117話

零奈の件はどうなるのか? 五月の心情にもやや関わってくる件かもしれませんが、「零奈」や「写真の子」にまつわる事情がこのまま郎に伝わらないまま完結するのかどうかも気になります。 」 「ずっと好きでした」 運命の瞬間 うおおおおおおおおおおおおおお!!! (ぐるぐる布団の上をのたうち回りながら) もうね.... 美味しいものを食べたり、寒い日に入る温かいお風呂も凄く幸せですが、それとは別に物語でしか味わえない感動があると思います。 他の姉妹たちの「恋心」を大切に扱うという意味においても、ここの一線はきちんと引いて然るべきでした。 今の風太郎を形作るもの。 「だけどそんな同じ問題を私たちは5人で一緒に持つことができるんです。 私なんかで収まってちゃもったいない!といつもの笑顔で話す四葉。

Next

五等分の花嫁115話ネタバレ!四葉対二乃と一花に風太郎がからかわれる?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

」と語る彼女の脳裏には、きっとこれまでに経験してきた様々な出来事が去来していたはずです。 自分がどう思っているのか伝えるまでは。 初めて 五つ子を見分けることが出来たこと。 6年前に京都で共に願ったお願い。 彼女たちとの間にあって、ちゃんとの間にはないもの。

Next

最新ネタバレ『五等分の花嫁』112

そんなこんなで「ずっと食ってねえし行けずじまいの店があった」と賛成する風太郎は、「それが終わったら俺は…会う約束をしてる奴ならいる」と2人に伝えました。 思わず告げてしまった本当の気持ち。 四葉は顔を真っ赤にして逃げ出します。 「ほらほらフータロー君との約束まで時間あるし気分入れ替えて後夜祭楽しもう!」と場をまとめる一花。 そんな想いが叶ってか再び四葉と巡り合い,滔々と自分の気持ちを語る上杉風太郎がねえ... 四葉を待っていた風太郎 四葉との出会いを回想する風太郎。 五月と郎の歴史(第111話より) 「勉強教えてください」「ごちそうさま(無反応)」で始まり、紆余曲折の末に「勉強教えてください」「勿論だ」と語り合うまでに変わった五月と郎のこれまで。

Next

五等分の花嫁115話ネタバレ!四葉対二乃と一花に風太郎がからかわれる?|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

0時通告 ayumie. それに対する解決するためのたった一つの冴えたやり方は「逃げる」の一手である。 上杉の答え 好きな子から「ずっと好きでした」と言われた上杉。 その様子を五月が見て2人を見て制止する……。 それは学園祭中に風太郎と一花が助けた迷子の少年のお姉さんでした。 一方キャンプファイヤーのところにいたと思われる四葉は「置いてきちゃったかな」と何かを探して校舎に戻ってきました。 出来なかった自分,風太郎との約束を守れなかった自分が風太郎と学ぶことで「できるようになれるかも」しれない喜び。

Next

【五等分の花嫁】第114話感想・考察!選ばれた四葉は風太郎の決断にどう応えるのか?

どちらが惚れた惚れられたとか関係ない。 そんな素敵な恋の決着でした。 高校2年の9月に出会ったあの時から味方として傍にいてくれていた彼女に。 スポンサードリンク 今ならわかること 一花は付き合ってないんだと驚き、今日起きたときにはもう四葉は出かけていた、「やらなくちゃいけないことってなんだろう」と言います。 お前の姉妹たちはみんな良い奴で すげー奴で 大好きな奴らだ あいつらの家庭教師をやれたことを誇りに思う だがお前がいなければ俺はとっくにつまずいていた 四葉 体力で叶うはずもない四葉を懸命に追っかけてきて。

Next

最新ネタバレ『五等分の花嫁』112

俺のほうが結構待ったぞと言います。 姉妹たちに迷惑をかけてしまったことへの罪悪感も。 でも確信を持って,四葉を選んだと認識している。 <関連記事>• でも四葉を好きな風太郎からしてみれば 「違う,そうじゃない」。 一花が家に帰ると家にいたのは五月だけでした。

Next