カズブログ。 プロフィール

カズ先生のホームページ

情緒障害学級からの転換がその背景にあるならば、それは実際の指導側からの本意ではありません。 しかし、普段の生活は何か物足りないし、専門の講義を受けるうちにやりたかったこととは違うなと思うようになりました。 どうぞ皆さんのお考えをお聞かせください。 kazuhiko ueno1229@icloud. 思考が好き。 よってホラー系も無理。 2020年7月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 カテゴリー• 実は昔に無料ブログを開設したことがありました。

Next

久しぶりの出張 姫路「孤独な食事」

「孤独のグルメ」をパクって「孤独な食事」 グルメ=美食家、美食家ではないので「孤独な食事」が私にピッタリな言葉、1人出張が多いので以前はブログも書いてないことから県外へ出張してもほとんどコンビニかチェーン店にしか行っていませんでした。 自然は完全で美しいとつくづく思います。 お腹いっぱいに食べたいときにオススメできるお店です。 ごちそうさまでした。 これは挑戦するしかないと判断しました。 これまでの発達障害といった捉え方とは、別にこうした学習に遅れを来たしやすい子どもへの対応も大切です。 私が注文したのは、姫路ピラフ 850円(税込) その他、大阪ピラフ・神戸ピラフなどもあり、その地名シリーズは ・・「通常メニューより 少なめの量です」と書いてあります。

Next

久しぶりの出張 姫路「孤独な食事」

あわせ実際の教育相談の中で遅れが目立つのは、通常の学級にいて 知的発達がややゆっくりしている子供たちへの手厚い指導体制ではないでしょうか。 基本的には雑記ブログのような形でジャンルにこだわらず記事にしていきます。 RTI をめぐって 年末、NYから帰ってきた教え子が、米国でのRTI Response to Instru ction の現状について話してくれました。 説明によると『花をよく見るとキリストが磔になったような手足の位置』になっているとか。 自部の部屋が一番落ち着く。

Next

アオシマヒサカズのブログ

村上春樹の短編 「 猫を捨てるー父親について語るとき」を読み、 まさに同世代の時代感覚、家族感覚を共感しました。 かつて法律的に用いられてきた「精神薄弱」は、現在 「知的障害」に統一されましたが、さらに医学では知的能力障害(知的発達症/知的発達 障害)という言い方が採用されています。 「判断は生命か、金か、再選か」 経済も社会的命と考えれば大切は大切ですが、人の命はやはり最優先であるべきです。 ただただ 「ありがとう言い残したい人が増え」 といったスローライフを実感する今日この頃です。 時節柄、カミュの「ペスト」も読み始めています。 おかげで行動力は高いがやっぱりやめることもある。

Next

カズ先生のホームページ

杞憂でなければよいのですが。 「障害」から「個性」へ チャイルドヘルス「マイオピニオン」 : 2019年3月号 掲載 「障害」という言葉を使わず「症」という表記が、アメリカの精神医学の診断書 「DSM-5」や最近発表されたWHOの「ICD11」でも広がってきているように見えま す。 本来、障害児と健常児の間は連続しているのですから,そこに線を引くシステムには限界があります。 まずは、私のことを箇条書きで紹介したいと思います。 そうだとすれば、たくさんの子どもたちがその対象となるので、一部の子どもを「障害」 という特別な存在として区分することもあまり合理的ではありませんし、意味もありませ ん。 教師たちは弾力的に対応する力を持ってはいますが、それをもっと可能にする 具体的システムこそが課題なのです。

Next

カズ先生のホームページ

一人の時間が必要。 上野一彦). いささか大胆な意見です が、 「障害」をひとつの「個性」ととらえる立場からも、「特別支援教育」がこれだけ多くに 人々に支持されつつあるという現実からも、「特別支援教育」の特別を取った単なる「支 援教育」という呼び名でもそろそろいいのではないかと思っています。 建設的な意見をぜひお寄せください。 このまま、卒業して就職するのはつまらないと感じるようになりました。 政治家の虚な言葉に支配 されたくありませんが、これからどのように推移していくのか、何を信じたらよいのか五里霧中です。 その段階は3つありTier1から3まで構造化されています。

Next

アオシマヒサカズのブログ

一部にやみくもに感覚統合やSSTだけが指導であるかのような捉え方を強調するのは実に浅薄な理解です。 ただ、そうしたなかで十分な手順、手立てを講じる間もなく命を落とされた方々もいた。 自分の人気とか、選挙のことしか頭にないリーダーを持った国民は東西を問わず不幸です。 「怖いのはコロナじゃないよココロだよ」 個人的には、 10年以上、細々続けてきたスイミングで新境地を会得しました。 テレワークもそれなりに新しい生活様式といえます。

Next

アオシマヒサカズのブログ

6月になって急に経済の再建に舵がとられ、あっという間に元の生活ペースになりつつありますが、PCRの検査体制がどうも不明です。 たまたま私が住んでいる地域には、公園や寺なども多く、毎日のようにそれらを目標に歩き回りました。 支援の必要さも、それぞれの子どもや人々にとっては連続しています。 そうしたなか、臆面もなく自分勝手な行動をとる人たちもいれば、多くの方々は日本人らしい自粛の生活を送ったと思う。 また次回出張がありましたら「孤独な食事」というタイトルで紹介したいと思います。 ブログを書いている人のプロフィールや活動を見ていると目的をもって生きているなと感じました。

Next