それなり に 幸せ です たぶん。 【全1

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛【1】 / イチニ【著】/ウエハラ蜂【イラストレーター】 <電子版>

子爵家主催のお茶会はひと月に一回開催されていたが、イルザが招待されたのは今回が初めてであった。 狂犬な夫にはこのぐらいの女性がいいのでしょうね。 カリーナ王女、隣国の大使と不義を犯した上に、国の機密を流していたらしいわ。 少々悔しさはあるものの、大半は仕方がない、という諦めの方が強い。 重苦しい雰囲気の中のコミカルさも、読みやすい文体も、ストーリーも引き込まれる魅力に溢れている。

Next

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛

「シュテイツ公爵は見目が麗しいらしいけれど、ずいぶんと薄情なお方らしいわね」 呆れたように言う四十前後の女性は、商家の夫人。 嫌なところを沢山知ったとしても、相手を愛することとか、自分の想いがあっても相手を尊重するとか、そんなテーマが全体的に感じられる、あとからジワジワくる、素敵なお話でした。 北関東・千葉• 「すぐそこだし……平気よ」 「ちょうど君の家にも用があるんだ」 少し迷うが、断るのもおかしい気がする。 イルザが案ずることではない。 幼い時からヒロインに固執していて、婚約や結婚もヒーローが熱望して実現し、結婚した後も ヒロインを溺愛し、執着していました。

Next

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛【1】 / イチニ【著】/ウエハラ蜂【イラストレーター】 <電子版>

ジャンルでさがす• webより加筆され、悪役の王女のその後も番外編があり、揉めていた従姉妹と婚約者のその後も読めて読み応えがありました。 。 ようやくベッドから起きられるようになった頃、イルザは兄からその話を聞いた。 。 「私もリンダの気持ちを考えず、ダリルと親しくしてしまっていたから……行動に気をつけます」 微笑みながら見返すと、執事はなぜか苦痛を堪 こら えるような、痛ましいものでも見るような表情を浮かべた。

Next

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛【6】(最新刊)

悪役の王女がなぜヒーローとむりやり結婚したか、たんなるいやがらかせの割りに公爵夫人として頑張るのは不思議だったのですが、実はヒーローに好きになって貰いたかったとは番外編を読まないとわかりません。 それで足と手を骨折して、体が不自由に? それを理由に離縁されるなんて。 少し淡泊なくらいで他はいたって平凡なイルザが、周囲から「つり合わない」と言われながらも、美貌と優秀さを持つアーベルと結婚したのは、彼が異常なほどイルザに執着し、身勝手なほど愛情を注いできたせいだというのに。 色んな点が好みから外れていたから仕方ないですが、この話をどう楽しんで良いかわかりませんでした。 」 どうやらダリルの『用』というのは、リンダとのデートだったらしい。 そんな彼が、幼い頃からの婚約者であり、一年前に妻になった女性と離縁した。

Next

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛【6】(最新刊)

けれどもダリルから愛の告白っぽいことを言われたのならともかく、今のところ、何も言われていない。 。 イルザは体が動けるようになると、醜聞 しゅうぶん から逃げるように、王都から出た。 「実家といえば王都でしたわね。 時間軸が前後したり、物語の視点が様々な登場人物に切り変わりながら展開されており、読み進めながら少しずつ色々なことがつながっていくのを楽しめる構造になっています。 跡継ぎを残せない女など存在する意味がない。

Next

それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛【4】 電子書籍

二十年の人生の中で、これほど不快な目覚めは初めてのことだった。 「今度こそ、誰にも君を傷つけさせたりしない」これまでと違う態度に戸惑うが、冷酷な男が自分にだけ向ける熱い情欲と偏愛に、ぞくぞくと劣情が沸き上がってきて……。 「心配性なんです」 イルザは苦笑した。 イルザはありがちな返答で逃げようとしたが……許されなかった。 彼と王女は、まるで対 つい の人形として最初から存在したかのごとく、お似合いであった。 内容は、物事にこだわりの強い人が、人に執着するとこんな感じになるのかな?と思うほど、主人公への執着と重たさ、異常さが目立ちました。 その敷地内にある離れに、イルザは住まわせてもらっていた。

Next

[小説]それなりに幸せです、たぶん 美しき公爵の盲目的執愛

こういう展開になるよう、彼女が母親に頼んだのだろう。 「考えることなんてないわ! 悲観していたら何も進まないの! あなたのような人には勢いも大切よ!」 「そうよ、お姉さま! こんな素晴らしいお話を断るなんて失礼よ」 お姉さま。 和雑誌• 「今度こそ、誰にも君を傷つけさせたりしない」これまでと違う態度に戸惑うが、冷酷な男が自分にだけ向ける熱い情欲と偏愛に、ぞくぞくと劣情が沸き上がってきて……。 ジャンルでさがす• 電子洋書• 結婚記念日だから。 リンダは一人娘のため、婿入りになる。 白い頬は怒りのためか上気し、吊り目がちの瞳はいつも以上に吊って見えた。 ベッドの傍 そば に、見慣れた男が立っている。

Next